トレイルランニング用品が激安超特価!
PR

登山バックパックレビュー!ミレープラトー20とマムートタスナ26評価。

Mammut Tasna26l トレイルランニング装備(ウェア・ザック・シューズ)のレビュー記事。
この記事は約5分で読めます。

登山で使うバックパックはどれにする?そう思うあなたにバックパックを2つ紹介する。

日帰り用と1泊・2泊用のバックパックだ。

と言っても登山者によって持ち物は変わるので、あくまで俺の感覚である。

Sponsored Link

登山バックパックレビュー!ミレーのプラトー20L評価。

Millet Backpack Plateau 20 HEATHER BLACK

バックパックの容量は20Lだと登山と街中の兼用。26Lだと2泊ぐらいの容量だ。

食器・調理器具をたくさん持つなら30L、テントも持つなら40Lか50Lは必要だ。

俺は必要最小限の荷物しか持たないので、できるだけ小さいバックパックを好む。

なので、ミレーのプラトーとマムートのタスナを購入した。

この2つがあれば山のさまざまな状況に対応できる。

MILLETのバックパックPlateau20はこちら!

登山バックパックレビュー!ミレーのプラトー20はデイパック。

Millet Backpack Plateau 20 HEATHER BLACK

ミレーのプラトー20は20Lサイズだから山だけでなく、街中でも使える。

いかにも登山のバックパック!って外観じゃないので、街でも違和感はない。

だからプラトーを買ったんだ。街でも山でも使えるバックパックが欲しかったのだ。

ミレーのプラトー20を買った理由。

  1. 20Lサイズが使いやすい。
  2. 街でも山でも使える外観と機能性。
  3. 小物入れが多い。
  4. 防水。
  5. 14インチのノートパソコンが入る。

MILLETのバックパックPlateau20はこちら!

Sponsored Link

登山バックパックレビュー!ミレーのプラトー20は便利。

Millet Backpack Plateau 20 HEATHER BLACK

ミレーのプラトー20は小物入れが多い。バックパック前面に2つのポケットがあり、使い勝手が良い。

物を出し入れするならバックパックを開けるより、前面のポケットを使う方が楽だ。

財布・スマートフォン・モバイルバッテリー・手帳・筆記用具。これらを全部入れてもまだ収納できる。

他にもメインとサブの収納場所があり、私ならプラトー20で1泊できそうだ。

MILLETのバックパックPlateau20はこちら!

登山バックパックレビュー!ミレーのプラトー20は通勤バッグになる。

日本全国を旅行する美女。

20Lサイズと言ってもあくまで登山用のバックパック。なので、街で使う物より、多少は重い。

それだけに厚みがあって耐久力もある。これで1万円なら安いものだ。

色も単純な黒ではなく、黒が強いグレーと言った感じ。バックパック表面の肌触りも良い。

当然、左右にはペットボトルを収納できる。深みがあるので、登山時でも落ちない。

これがミレーのプラトー20を使った感想。俺には20Lサイズが合っている。

MILLETのバックパックPlateau20はこちら!

Sponsored Link

登山バックパックレビュー!マムートのタスナ26L評価。

Mammut Tasna26l

次はマムートのタスナを使った感想。タスナは縦走用のバックパックとして買った。

26Lの容量なら2泊か3泊できそうだ。ただ、テントを入れるなら40Lか50Lの容量が必要。

山小屋に泊まって縦走するなら26Lサイズで良い。バックパックは大きければいいってもんじゃない。

このタスナ26も色と肌触りが良い。山では目立つよう派手な色がいいからな。

MammutのバックパックTasna26はこちら!

登山バックパックレビュー!マムートのタスナ26Lはレインカバー付き。

Mammut Tasna26l

タスナ26は防水のバックパックではあるが、レインカバーも付属する。

雨の日は登山しないが、ないよりはましだ。

なんたって天気の良い日を狙って山に行くからな。雨が降りそうなら山に行かない。

タスナ26は完全な登山用バックパック。だからポケットも仕切りもない。

それだけにガンガン物を入れられる。

ハイドレーション対応なので、夏でも給水に困らない。

MammutのバックパックTasna26はこちら!

Sponsored Link

登山バックパックレビュー!マムートのタスナ26は夏でも涼しい。

Mammut Tasna26l

そして、タスナの最大の特徴は背中が涼しいこと。どんなバックパックでも夏は背中が暑くなる。

背中とバックパックが密着するから当然だ。だが、タスナは背中とバックパックが密着しない。

バックパックの背面が湾曲してるから背中に密着しないのだ。

背面にはメッシュが張られていて、ここだけが背中と密着する。文章だけだと伝えづらいので、動画にしておいた(後日公開)

詳しく知りたいならユーチューブで見てくれ!

MammutのバックパックTasna26はこちら!

Sponsored Link

登山バックパックレビュー!マムートのタスナ26は疲れない。

Mammut Tasna26l

こんな感じでミレーのプラトー20とマムートのタスナ26を買った。

日常的にはプラトーを使っている。山でも街でも使えるのが良い。

縦走で山小屋に泊まるなら1泊どころか2泊できるかも。

マムートのタスナは26Lの容量だけあって広々と使える。

てか、最小限の荷物しか持たない俺は何を入れるか迷う(笑)

MammutのバックパックTasna26はこちら!

登山バックパックレビュー!ミレープラトー20とマムートタスナ26評価。

female trail runner

タスナは暑い夏に特化して作られたバックパック。だから猛暑日でも涼しくて快適。

その反面、ノートパソコンを収納できない。

俺はブロガー兼ユーチューバーだからノートパソコンを収納できないのは辛い。

だから駅のロッカーに入れて登山するしかない。

ピストンとか周回なら戻ってくるから良いが、ワンウェイ(縦走)だと戻ってこないからロッカーも使えない。

最終的には宿泊先に郵送するしかない。

MammutのバックパックTasna26はこちら!

Sponsored Link

登山バックパックレビュー!マムートのタスナ26は夏でも涼しい。

female trail runner

この記事のまとめ。

日帰り登山ならミレーのプラトー20。通勤バッグとしても使える丈夫さと外観が良い。

ポケットと仕切りが多くて使いやすい。俺のメインバッグである。

マムートのタスナは夏の縦走に最適。

俺は箱根外輪山・表銀座・立山三山・信越・群馬県境を縦走するために買った。

テントは持たずに山小屋で泊まるなら26Lサイズで良い。

その他のザックについては下の記事に書いた。

Sponsored Link

MammutのバックパックTasna26はこちら!

Sponsored Link