23と24は全くの別物!ゲルDSトレーナーを両方買って比較した結果。
スポンサーリンク

23と24は全くの別物!ゲルDSトレーナーを両方買って比較した結果。

23と24は全くの別物!ゲルDSトレーナーを両方買って比較した結果。 フルマラソン
スポンサーリンク

ゲルDSトレーナー(GEL-DS TRAINER)を今年も購入した。てか昨年購入したDSトレーナー23が新品のまま保管されてるんだがな。今回も通販で購入。既にサイズがわかってるから安心して買える。(品番1011A176・1012A158)

サブ5・サブ4の練習に最適!大会で結果を出せるマラソンシューズ。
シューズのアッパーや、サイド部分には柔らかい素材が使われていて足を保護する。ソールはニューヨーク6に似ていて、滑りにくい。ニューヨーク6を履いてたなら違和感なくDSトレーナー23を履ける。サブ5からサブ4を目指すなら必須のシューズだ。

DSトレーナー23の時は真っ黄色のカラーリングが気に入ったが、24になった今回はなんとも言えない色合いだ。虹色と言うべきか、赤・青・黄色・緑と様々な色が融合したカラーリングだ。(マルチ/ブラック)

スポンサーリンク

2018年発売のDSトレーナー23。

23と24は全くの別物!ゲルDSトレーナーを両方買って比較した結果。

まずは昨年発売のDSトレーナー23を見ていこう。ソールをみればアシックスのニューヨークがモデルになってると一目でわかる。ニューヨークはマラソン初心者向けのシューズ。(GT-2000 NEW YORK

GEL-DS TRAINER23評価!アシックス最新作でサブ4目指して走る。

初心者は適切な足運びができない為、それをカバーする「ガイドライントラスティック」が施されている。靴裏のプラスチックでできた奴で、足が左右にブレるのを防ぐ。これにより、初心者でも安定した走りを生み出す。(灰色の部分)

2019年発売のDSトレーナー24

サブ4達成!アシックスのゲルフェザーグライドとDSトレーナー比較。

DSトレーナー24は編み物で作ったかのようなデザイン。実はデザインだけで購入を決定したのだ。靴には繋ぎ目があるはずだが、DSトレーナー24では見当たらないシームレスな作り。素材の手触りが良くてずっと触ってたくなる(笑)

靴には繋ぎ目があるはずだが、DSトレーナー24では見当たらないシームレスな作り。

靴底には凹凸があってグリップ力が抜群。これなら多少荒れた地形でも走れる。そして、23にはあった「ガイドライントラスティック」が無い。そもそもDSトレーナーってサブ4向けのシューズだから初心者向けの機能はいらない。

サブ4達成!アシックスのゲルフェザーグライドとDSトレーナー比較。
フルマラソンでサブ4(4時間内完走)する為にどんなシューズを選べば良いのか?アシックス製品ならゲルフェザーグライド(GELFEATHER GLIDE )とゲルディーエストレーナー(GEL-DS TRAINER)が候補になる。 ...

これまであったのが不思議なくらいだ。24にはフライトフォーム(FLYTEFOAM)と言う技術で作られている。23よりクッション性を省き、軽量化したのだ。フルマラソンを4時間30分前後で走るなら24を買うべきだ。

スポンサーリンク

GEL-DS TRAINER23と24の違い。

23と24は全くの別物!ゲルDSトレーナーを両方買って比較した結果。

前途したようにDSトレーナー23は「GT-2000 NEW YORK」をベースにしたモデルである。今まで「GT-2000 NEW YORK」を使ってれば違和感なく走れる。初心者脱却には丁度よい作りである。だが、クッション性など初心者向けの作りなので多少重く感じる

23と24は全くの別物!ゲルDSトレーナーを両方買って比較した結果。

対するDSトレーナー24は車で言うならフルモデルチェンジした物。クッションを減らして軽量化。サブ4を達成できるようスピード向けに進化。グリップ力も抜群で、雨の日のランニングでも安心して走れる。買って良かった。

アシックスシューズの関連記事。

コメント

タイトルとURLをコピーしました