トレイルランニング装備はこちら
Sponsored Link

東京マラソンに向けてバーベルスクワットとレッグプレスで筋トレ。

東京マラソンに向けてバーベルスクワットとレッグプレスで筋トレしている。 フルマラソン
Sponsored Link

去年に続いてNHKのGREAT RACE(グレートレース)が放送された。

「絶景!アルプス大激走 ~イタリア・トルデジアン330Km」「大草原を疾走せよ ~モンゴル900Km」

究極の極寒カナダ・ユーコン700Kmを視聴NHKグレートレース。
久しぶりにNHKのGREAT RACE「世界で最も寒く過酷なレース カナダ・ユーコン700km」が放送された。グレートレースは毎回放送されるのが楽しみだ(???)気温マイナス40度にもなるカナダ・ユーコン準州の雪原700kmを13日以内に走...

今回はなんと!イタリアのトルデジアン。

トルデジアンとは4000m級の名峰を持つアルプス山脈周辺を150時間以内に走破するトレイルランニング大会で『巨人たちのレース』の意味を持つ。日本からの女性参加者も多い。

このグレートレース・トルデジアンについては後日、詳細を書く。

Sponsored Link

東京マラソンに向けてトレッドミルを走る。

2015年9月に痛めた膝が12月末に走れるまで回復した。とは言え6Kmを超えると再び膝が痛くなるので程々に走り込んだ。主にコナミスポーツクラブで週3回以上通ってトレッドミルで6Km走っている。

フィットネスジムでトレーニングする女性。

単純に週2日休んでも残り5日を6Km走れば120Km。土日に走る距離を増やせば150Kmも可能になってくる。2016年の1月から5月はひたすら舗装路を走り込んで苦手を克服。

その後6月から9月は山でトレイルランニングの練習をして10月から12月は(サブ4目指して)ロードを走る予定。苦手なロードをサブ4で走れたらどんなに気分がいいだろう。

バーベルスクワットとレッグプレスで足腰強化。

多少なりとも走れるようになったので、足腰強化のウェイトトレーニングも再開。バーベルスクワットとレッグプレスをメインにレッグカールやレッグエクステンションで足腰を鍛える。

東京マラソン2016に向けてランニングフォームをチェックした。
昨年9月に膝を傷めたが、12月に走れるようになった。走れるようになっただけで完治した訳ではないが、走れるのは非常に嬉しいものだ。走りたくても走れなかった3ヶ月間は苦痛だった。(腸脛靭帯炎ではなく、膝の内側が痛い)スポーツジムのトレッドミルの...

バーベルスクワットは50Km・レッグプレスは100Kgを40回程度行う。上半身トレーニングはベンチプレス30Kgを30回がメイン。(2015年12月時点)

昔テコンドーや空手道をやってた時は骨皮筋衛門だったが、トレイルランナーである今の方が圧倒的に筋肉量が多い。

スポーツジムでトレーニングする女

ロードランナーならある程度使う筋肉が決まっているかも知れないが、トレイルランナーは様々な状況に対応せねばならん。

ロープで山を登ったり、手を使って岩を登る事もある。そんな時に胸・肩・腕と言った上半身の筋力が必要なのだ。

なんたって東京マラソンの後はウルトラトレイル・マウントフジ(STY)があるからな。

ストレッチと体幹トレーニングもしっかり行う。

ランナーになった当初はストレッチなんて全然しなかったが、やたら膝を痛めるので重要視するようになった。図書館から借りた本(1人でできるスポーツマッサージ&ストレッチ・女子の体幹レッスン)を参考に行う。?

無事是名馬と言う言葉があるように怪我や体調不良がなければトレーニングで鍛えて行ける。1番悲しいのはランニングやウェイトトレーニングができない事だ。?

今は東京マラソンに向けて調整して行くが、本格的なトレーニングは東京マラソン後の疲労が回復してから行う。

フルマラソン
Sponsored Link
美山 走希をフォローする
Sponsored Link
美山 走希

UTMFを目指すトレイルランナー。2019年は上州武尊山スカイビュートレイルと日本山岳耐久レースの完走が目標。

美山 走希をフォローする
トレイルラン・フルマラソン・ロードバイク等の趣味ブログ

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

マラソンシューズ・ランキング

サブ4を達成する為のシューズ。
余分なクッションを削ぎ落とし、軽量化に成功。
適度なクッションと耐久力で足を守る。
履いた感覚は「GT-2000ニューヨーク」に似ている。
だが、走り安さは格段に向上している。

フルマラソン完走からサブ5まで。
抜群のクッションで足が疲れるのを防ぐ。
しなやかな反発性
さらにしなやかな反発性とへたりにくさをプラス。
かかとのフィット感
カウンターのホールド感はそのままに、柔らかい走りが可能。

安定した走りで、フルマラソンの完走を目指す。
・DYNAMIC DUOMAX(ダイナミックデュオマックス)
上部に凹凸を施し、ミッドソールを挟み込んだデュオマックス構造。ミッドソールの一部分の硬度を高め、安定性を高めた。
・GUIDANCE LINE®(ガイダンスライン)
着地時から蹴り出しまで安定した走りを実現させるために設計された。

フルマラソン人気記事

アシックスニューヨーク5とミズノウェーブライダー20比較レビュー。
現在はアシックスGT2000ニューヨーク6とミズノウェーブライダー21が発売されてるが、旧式のニューヨーク4やウェーブライダー19と基本は変わらない。マラソンランナーとして「GT2000ニューヨーク5」と「ウェーブライダー19」を1年以上履…
完走メダルが貰えるフルマラソン大会一覧や保管方法をまとめて紹介。
上位入賞してメダルを獲得するのは無理でも完走の証として得られるメダルは嬉しいものだ。私が所持している完走メダルはフルマラソン6個・トレイルランニング2個の合計8個だ。

獲得したのは東京マラソン・古河花桃マラソン・千葉アクアライ…

CW-Xジェネレーターとエキスパート比較!ワコールロングタイツ。
数年前にワコールからCW-Xが発売されてからずっと気になっていた。ランナーは膝を怪我しやすいので、膝をサポートしてくれるロングタイツを探していた。ロードバイクなら「セミロング」で良いかも知れないが、トレイルランニング(マラソン)なら日焼けし…
サブ4達成の為にアシックスのライトレーサーTS6を購入した感想。
一般のマラソン用のシューズはアシックス・ニューヨークとミズノ・ウェーブライダーの2足を持ってるのだが、新しい靴が欲しくなった。楽天市場でポイント20倍キャンペーンをしていたからこの機会に買おうと思ったのだ。あまり必要じゃなくてもお得な時期に…
まだ舗装路でマラソンしてるの?山を走るトレイルランを楽しもう!
「走る」と言えば舗装路を走るマラソンが一般的で、競技人口も多い。運動をしてない一般人からすればフルマラソンを完走するだけでも凄い事だ。フルマラソンを完走したらどうするか?もっと速くゴールできるように記録に挑むのか?もっと長い距離を走れるよう…
東北宮城復興マラソンは初心者にお勧めの平坦コースで記録も狙える!
第一回の東北・宮城復興マラソンが開催された。宮城県初の公認コースとは言え、参加料金の高さで躊躇してしまう大会。参加料金13000円と言えば東京マラソンの10800円・大阪マラソンの参加料(募金含む)でも11800円だ。

参加料…

ゲルDSトレーナーでサブ4確定?アシックスのマラソンシューズ比較。
初心者からサブ4を目指すランナーへ。マラソン用ランニングシューズはナイキ・アディダス・アンダーアーマー・アシックス・ミズノと主要メーカーがある。ランナーになった当初はナイキとアディダスばかり履いていた。

ある日、国産であるアシ…

GEL-DS TRAINER23評価!アシックス最新作でサブ4目指して走る。
サブ4を達成するにはどの靴を履けば良いのか?フルマラソンはサブ4さえ達成できれば満足だ。と言うか、サブ4.5でも満足だがな(笑)それはさておき、靴を買うならまずはメーカーだ。これまで、ナイキとアディダスを使ってきたが、最近はアシックスとミズ…
春夏の日差し対策!軽くて涼しい紫外線を防ぐCW-Xのランニング帽子。
日焼けしたくないので、帽子は1年中活用している。特に春から夏は必須の日焼け防止アイテムである。日焼けを帽子で防止するのだ(笑)冬でも帽子があれば暖かいからあって損はない。冬は一般的な帽子とニット帽を併用している。お陰で部屋の中は帽子だらけに…
長距離走で力を発揮するアミノ酸とは?糖質と蛋白質が豊富な携帯食料。
いよいよUTMF(STY)に挑戦する。3度目の抽選でようやく当選したのだ。UTMF(STY)に出場するには2段階のステップがある。まずは必要ポイント数の獲得。その後の抽選だ。特に2017年大会は開催されなかった為、出場に4年掛かった。

紫外線や日焼けを防ぐアーム&レッグカバーで灼熱の夏も快適に走る。
どんなに日差しの強い日でも日焼けしたくない。日焼け止めを塗っても汗で投げれてしまう。なので、アームカバーとレッグカバーを購入した。太陽に焼かれるような「ジリジリ」した感じは嫌だし、皮膚が焼けた後にボロボロと剥がれるのは嫌だ。

やっぱり参加できなくなった!エントリー後でもキャンセルする方法。
どんな大会でもエントリーした全員が参加する事はあり得ない。エントリー者の8割参加が平均だろう。大会への参加エントリーは数ヶ月前から始まるが、大会当日になると仕事や怪我で参加できなくなる事もある。高額な参加費用を捻出したのに全てが無駄になる。…
音楽を聴いて走るならこれを選択!高音質・長時間の無線イヤホン。
ロードランナーのトレーニングに使いたいのがスマートフォンとイヤホン。音楽を聴きながら走れば苦しいトレーニングも楽しく走れる。最近はブルートゥース対応のイヤホンで走りに集中できる。ブルートゥースの仕組みを使えばスマートフォンとイヤホンを無線で…
ボトル装着で快走できる!エンデュランスベルトとマンタレイの収納。
エンデュランスベルトなら水分と補給食を保持したまま快走できる。まさに夏仕様のウエストポーチだ。防水性も高いので、突然の雨にも対処できる。スマートフォンが防水でなくてもジッパーポケットに収納すれば安心。水分と補給食を持って走るのがトレイルランニングの常識。これまで山を走る時はザックだったが、エンデュランスベルトだとより軽い走りができた。
こんなに違うロードランナーとトレイルランナーの走り方と行動心理。
トレイルランナーは舗装路もある程度走れないと厳しい。そんな事からフルマラソンやウルトラマラソンに出場する事も珍しくない。トレイルランの世界基準(UTMB)は170Kmだからウルトラマラソンを走って鍛えるのだ。大会では必携品と言って必ず持参すべき物が決まってたりする。その他、飲料や食料を揃えるのもトレイルランナーの楽しみなのだ。
サブ5・サブ4の練習に最適!大会で結果を出せるマラソンシューズ。
シューズのアッパーや、サイド部分には柔らかい素材が使われていて足を保護する。ソールはニューヨーク6に似ていて、滑りにくい。ニューヨーク6を履いてたなら違和感なくDSトレーナー23を履ける。サブ5からサブ4を目指すなら必須のシューズだ。
Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました