越後カントリートレイルとスカイライントレイル菅平どっちに出走?

スカイライントレイル菅平と北丹沢12時間耐久レースエントリー完了。 トレイルランニング

最初は「越後カントリートレイル」にエントリーして、北丹沢12時間耐久レースに出場しようと思っていた。だが、6月に開催される大会を調べてみると「スカイライントレイル菅平」ってのを発見。

越後カントリートレイル体験記!豪雨暴風の中を泥まみれで走った結果。
今年で4回目の開催だが、雑誌に取り上げられて人気が上昇した。なので、エントリー開始直後(10月)から申込みしていたんだが、定員に達したのは4月末日だった。10月の段階では大会当日が悪天候に見舞われると思わずに…。 そして大会1...

これまで、菅平スカイライントレイルランレース&アウトドアフェスタの名称で開催されてきたが、11回目の今年からスカイライントレイル菅平に変更したのだ。距離も延長され、42Kmから50Kmになった。6月開催で50Kmなら越後カントリートレイルと同等だ。

スカイライントレイル菅平と越後カントリートレイル。

越後カントリートレイルとスカイライントレイル菅平のどっちに出走?

スカイライントレイル菅平は6月第一週に開催され、50Kmの参加費用は18000円。大会に参加するには前泊必須。なので、宿泊費を含んだ金額である。新宿駅から長野県の会場まで9500円で往復できる。私の地域から遠征すると総計4万円は必要。

越後カントリートレイルとスカイライントレイル菅平のどっちに出走?

越後カントリートレイルは6月第二週に開催される。新潟県長岡市小国町から56Km走る。距離はスカイライントレイル菅平より長いが、1000mに満たない里山を走るので、越後カントリートレイルの方が容易に完走できる。

越後カントリートレイルとスカイライントレイル菅平のどっちに出走?

参加費12000円に高速バスと宿泊費で遠征費は3万円。どちらの大会に参加するか検討した結果。10回以上開催され、標高2000m以上で開催されるスカイライントレイル菅平に決定した。難易度の高い有名大会を撃破してこそ真のトレイルランナーってもんだ。

北丹沢12時間耐久レースの激坂を攻略せよ。

越後カントリートレイルとスカイライントレイル菅平のどっちに出走?

6月にスカイライントレイル菅平を走るので、7月は北丹沢12時間耐久レースに決定。たった45Kmだから12時間もいらね。と思ったらロープを使って登る急登に激下りがあり、通過するのに時間が掛かりそうだ。

スカイライントレイル菅平50Kmを走破せよ!真紅の赤で燃え上がれ。
スカイライントレイル菅平の日がやってきた。週間天気予報では降水確率100%の雨だったが、当日になると40%に低下した。結果、雨は降ることなく、走るには最適な天気であった。この大会は参加費18000円に宿泊費6000円が含まれている。 ...

北丹沢12時間耐久レースは2回に分けてスタートされる。前大会の完走者やフルマラソンの高記録保持者が最初にスタートし、それ以外のランナーは30分後にスタートするのだ。とは言え、渋滞が発生するとウェーブスタートの効果がないほど、並ばないと行けない。

国内有数の大会を攻略し、世界(フランス)に羽ばたけ!

南谷真鈴は自分を超え続ける!探検家グランドスラムを達成できた理由。

渋滞で有名なのが日本山岳耐久レース(ハセツネ)。制限時間24時間の大会だが「耐久レース」ってのは渋滞が付き物なのだろうか。これで、2018年に参加する大会は4月STY6月スカイライントレイル菅平7月北丹沢12時間耐久レースに確定した。

スカイライントレイル菅平50Kの関門は要注意!牛だらけのコース。
スカイライン菅平は前日と当日の受付がある。前日は上田城を観光してたので、当日に受付した。あらかじめ送られたハガキを提示するとパンフレットと参加賞Tシャツが渡される。スタートとなる会場は狭くて座る場所もあまりない。なので、走る状態で来るべきだ...

特にSTYはUTMFの足掛かりとなる重要な大会だ。なんたってUTMFと同じコースを走るんだからな。STYさえ完走すれば阿蘇ラウンドトレイルのような出走条件のある大会でも参加できるようになるし、良いことずくめだ。日本国内の大会を各個撃破して、フランスのUTMB・CCC・TDSを完走したい。

井村屋 スポーツようかん あずき 40g×10個
井村屋
原材料:マルトデキストリン、生あん(小豆)、砂糖、パラチノース、寒天、食塩

コメント

大会前の宿泊予約は楽天トラベルで!

大会前に予約しよう!

楽天トラベル
タイトルとURLをコピーしました