トレイルランニング装備はこちら
Sponsored Link
人気記事一覧

ハセツネCUP直前対策!水食料の必要量と夜間走行の準備を万全に。

ハセツネCUP直前対策!水食料の必要量と夜間走行の準備を万全に。 トレイルランニング
Sponsored Link

UTMBや信越五岳トレイルランが終了していよいよハセツネCUP(日本山岳耐久レース)の時期となった。ハセツネCUPに挑戦するのは2015年の時依頼、2回目。前回は走った距離12Kmに対して歩いた距離60Kmだった。結果22時間以上かけてのゴール。

読めば完璧!トレイルランニングのブログ記事10選(攻略対策情報)
トレイルランニングと言えば背中に背負うザック(バックパック)である。これからトレイルランニングを始める人達はどれを買えば良いのかわからないと思う。トレイルランニング用ザックで世界で1番使われているのはサロモン製品だ。 他にノースフェイ...

ゴールした時、あまりの情けなさに呆然としたものだ。あれから2年間トレーニングしてきたので、2017年は18時間内にゴールしたい。ちなみにハセツネCUPは通称であり、日本山岳耐久レースが正式な大会名である。一般的に16時間前後にゴールするトレイルランナーが多い。

Sponsored Link

エイドがない日本山岳耐久レースでの戦い方。

UTMB2017日本人当選者は303人!土井陵や原良和・松永紘明も参加。

ハセツネCUPにはエイドステーションが無い。トレイルランナーにとってそれは当たり前。ハセツネCUPは登山家長谷川恒男が修行した場所をコースにしている。だから必要な荷物は全て持参してゴールに向かうのだ。(唯一42Km地点にポカリスエットあり)

トレイルランニング大会で人気のベスト型バックパック5選まとめ。
トレイルランニングを始めてからどれだけのバックパックを使っただろうか。ノースフェイスの「マーティンウイング」「FRレースベスト」「エンデュランスベスト」「TRコンポ」サロモンの「スキンプロ14+3セット」「スキンプロ12セット」。 ...

全部背負って走る日本山岳耐久レース。いちばん重要なのは水分だ。大会が開催される9月は暑かったり寒かったり微妙な時期。もし、天気が良くて暑くなればあっという間に水分は無くなる。水が無くなったらもう終わり。その後、固形物だけでゴールするのは極めて難しい。

持っていく水分量と食料はどうするのか?

OSJ安達太良山トレイルランニング50K体験記と補給食を公開。

私は10Km地点で水が無くなった為、その後は水なしで歩いた。42Km地点でポカリスエットを飲むまで極寒の寒さの中、意識朦朧で進んだものだ。人にもよるが、水がなければ栄養補給もままならない。運動してない日常と違って長い距離を走った時は食欲が減退するものだ。

ベスパは体脂肪をエネルギーに変える!走り続けるならワスプも必要。
トレイルランニングをしていてよく使用するのがアミノバイタルのジェルなんだが、「ベスパ」ってのがあるらしい。ベスパの存在を知っていながらその高価さから試す機会がなかったが、最近使ってみたのでベスパについて記載する。ベスパとはエネルギー補助食で...

水が無いから固形物を食べられない。そんな現象に陥る。そんな自体を避ける為に持って行く水分量を考えよう。まず、ハセツネCUP初参加のランナーや、20時間前後でゴールするランナーは3リットルは持っておきたい。心配なら4リットルでも構わない。

夜間走行は明るいヘッドライトを使う。

ファントレイルズ50Kジェントスヘッドライトを頼りにFT50を完走。

前途したように長時間走ってると食欲が減退する。だから固形物はある程度水分を含んだ物を選びたい。くれぐれもどら焼きとかカステラを選んでは行けない。なるべく水分なしで食べれる食料を選ぼう。その点、ジェルは水分とエネルギーを補給できる優れ物である。

ハセツネCUPは暑くて汗だく。水もエイドも無くて脱水症状になったら?
日本山岳耐久レース(通称ハセツネCUP)の日がやってきた。日本山岳耐久レースに参加するのは2015年以来、2回目である。初めて参加した2015年は22時間30分もかかってしまった。あまりにも情けないので、今回は18時間内完走の目標を掲げた。...

夜になるとコース上に寝てる人がチラホラ。初めて参加したランナーは驚くだろうが気にしてられない。ハンドライトで挑む強者もいるが、歩くだけで走らないのが基本。歩くだけならハセツネCUPに参加した意味がない。

登山家ならそれでいいが、トレイルランナーとしてはヘッドライトを付けてゴールを目指そう。お勧めはジェントスのヘッドライトヘッドウォーズHW-000Xだ。

ハセツネCUPは暑さで水不足に!リタイアしたら高待遇が待ってる?
日本山岳耐久レース(通称ハセツネCUP)前回記事の続き。第1関門22Km地点で水がなくなった私は第2関門の月夜見を目指す。2015年に初参加した時は第1関門から第2関門まで水無しで到着できたのだ。今年(2017)年も同様に月夜見を目指す。 ...

ジェントスのヘッドウォーズHW-000X以外あり得ない。300ルーメンと言う抜群の明るさはまるで昼間のよう。更に、落としても雨が降っても耐え、電池も長持ち。このヘッドウォーズHW-000X以外のヘッドライトはあり得ない。まだヘッドライトを持っていなければヘッドウォーズHW-000Xを選ぼう。

トレイルランニング
Sponsored Link
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
TRAIL RUNNERをフォローする
Sponsored Link
トレイルラン・フルマラソン・ロードバイク等の趣味ブログ

コメント

TRAIL RUNNER

UTMFを目指すトレイルランナー。2019年は上州武尊山スカイビュートレイルと日本山岳耐久レースの完走が目標。

TRAIL RUNNERをフォローする

ブログ内検索

トレイルランザック・ベスト3

中級者以上でも使い勝手の良さを実感!

大容量の収納ポケット。
ハイドレーション対応。
ソフトフラスク2本収納可能。

軽量で背中に密着するから背負ってる感じがしない。
40Km以上のトレイルレースに完全対応。

ハセツネCUPやUTMFを目指すなら持っておきたい。

初心者でも使いこなせる簡単設計!
トレイルランニングの基本となる10リットルの容量を確保。

ハイドレーション対応。
胸部分にペットボトル収納可能だから自動販売機で買ってもそのまま収納できる。

☆最大の特徴は腰部分のポーチ☆
ウエストポーチのようにポケットが付いてるから携帯食料やサプリメントを収納できる。

トレイル用ザックでは珍しいピンクを採用。
・[パック容量]12.4L([主要収納容量]9.4L [サブ収納容量]3.0L)
・[ボトル容量]0.5L×1
・10個以上のポケット
・独自のトレッキングポールホルダー
・背面ポケットの前面にバンジーコー
・背面にリザーバータンクを収納可能
・エマージェンシーホイッスル付き
・ショルダーと背面は軽量で耐久性のあるナイロンメッシュ
・適応胴囲 XS/S:58~81cm MD/LG:76~102cm

トレイルラン人気記事

以下の記事を読むとトレイルランニングに詳しくなれます。

山を走るならサロモンのアドバンスドスキン12セットが最適な理由。
世界で最も使用されているトレイルランニング用ザック。それはサロモンのアドバンスドスキン12セットだ。UTMFやUTMBを含むあらゆる大会で使われている。アドバンスドスキン12セットなのは2016年モデルまでで、2017年からは「ADV SK…
速くなるウルトラマラソン・トレイルランのトレーニング方法を紹介。
フルマラソンを完走したら次の目標はウルトラマラソンを目指すランナーもいるだろう。また、ウルトラトレイルランナーとして100マイル(160Km)を目指すランナーもいる。

フルマラソンの教科書は山ほどあるが、これらウルトラ…

トレイルランやロードレースで必須の補給食やサプリメントを紹介。
これまで、トレイルランニングで使える装備品を紹介してきた。バックパック(リュックサック)やシューズ・ヘッドライト・レインウェア等。これらの装備を一通り揃えたら普段使ってる補給食やサプリメントを確認したい。充分な水分と栄養素があるからこそ力を…
最速で水分補給できるサロモンのハイドレーションとソフトフラスク。
トレイルランニングの大会ならいち早く水分補給したいものだ。いちいちバックパックから取り出して給水なんてあり得ない。現在は背中に背負うハイドレーションか、胸に付けるソフトフラスクの2種類がある。そのハイドレーションとソフトフラスクの違いを紹介…
春夏の日差し対策!軽くて涼しい紫外線を防ぐCW-Xのランニング帽子。
日焼けしたくないので、帽子は1年中活用している。特に春から夏は必須の日焼け防止アイテムである。日焼けを帽子で防止するのだ(笑)冬でも帽子があれば暖かいからあって損はない。冬は一般的な帽子とニット帽を併用している。お陰で部屋の中は帽子だらけに…
長距離走で力を発揮するアミノ酸とは?糖質と蛋白質が豊富な携帯食料。
いよいよUTMF(STY)に挑戦する。3度目の抽選でようやく当選したのだ。UTMF(STY)に出場するには2段階のステップがある。まずは必要ポイント数の獲得。その後の抽選だ。特に2017年大会は開催されなかった為、出場に4年掛かった。

最強のトレイルランニングシューズ

究極のグリップ力を誇るサロモンのシューズ。
雨・砂地・コーナーの滑りやすい場所でもシューズを信じて走れる。

抜群のグリップ力で急登でも滑らない。
泥にも強いので、過酷な場所でも使える。

舗装路を走るのは不向きである。
靴紐はドローコードで調整し、アッパー部分に収納するから絶対にほどけない。

トレイルラン初心者に最適!

スピードクロス程のグリップ力は無い。
だが、山も舗装路も走れる仕様。

一般のマラソンシューズと同じ感覚で履ける。
雨や泥がない乾いた状態なら軽いステップで走れる。

ソールが分厚いホカオネオネのシューズ。
グリップ力ではスピードクロスにかなわない。

軽い走りならバハダ3でもいい。
値段も高価である。

このチャレンジャーの特徴は疲れない事。
50Km以上のトレイルランニングレースで力を発揮する。
分厚いソールが疲労を抑え、怪我を防止する。

Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました