奥宮俊祐選手からFunTrails100Kの参加案内が来たFT50を完走する。
Sponsored Link

奥宮俊祐選手からFunTrails100Kの参加案内が来たFT50を完走する。

奥宮俊祐選手からFunTrails100Kの参加案内が来たFT50を完走する。 トレイルランニング
Sponsored Link

大阪マラソンが事前郵送なしで受付できたからFunTrails100K(以下ファントレイルズ)も案内の郵送はないのかなと思ってたらクロネコDM便で送られてきた。既にホームページから詳細は見ていたので目新しい事はないが、差出人を見て少し驚いた。

Sponsored Link

差出人はFunTrailsの奥宮俊祐選手。

FunTrails100Kの参加案内到着FT50を完走して2017年はFTR100に挑戦。
トレイルランニングの世界では知らぬ者はいない程の有名人で10度目の挑戦となるハセツネCUP2015で優勝している。有名人から輸送物が届くのは初めてだ。しかも真っ白な封筒だから手作り感がある。ファントレイルズ100Kの大会も手作り感満載な大会なんだろうなと思い描く。(良い意味で)

春秋で快適に走れるノースフェイスとサロモンのロングスリーブとは?
極寒の冬を乗り越えたらトレイルラン・シーズンの開幕。フリースやトレーナーはしまって春物の出番だ。そんな春と秋の季節に着れる長袖を購入した。夏でも標高1000m以上に登るなら1枚持っていて損はないからな。 いつものように「アマゾ...

封入物は参加同意書(受付に提出)とエイドステーション(A9)でのみ使える駐車券とサポート券だ。注意事項としてレインウェアはシームテープ仕様の物・サバイバルブランケット・防寒用長袖シャツ・防寒用ロングタイツが装備必携品と書かれている。

そもそもSTYやUTMFを目指してトレーニングしてるから大会に準拠した装備は用意してある。10月開催のハセツネCUPと違って11月下旬開催のファントレイルズは寒さとの戦いになるだろう。例え必携品でなくても防寒用がなければ夜の山を走れない。

ファントレイルズFT50完走に向けて。

FunTrails100Kの参加案内到着FT50を完走して2017年はFTR100に挑戦。
装備品は準備済みだし、往復の高速バスも予約した。飯能駅周辺の宿泊先は半年前から予約している。肝心なのはトレーニングだ。2016年の参加大会は7月岩木山トレイルランニングフェスティバル・9月OSJ安達太良山トレイルラン・10月山形まるごとマラソン・大阪マラソンと走ったから出走した大会自体がトレーニングになっている。

長距離走で力を発揮するアミノ酸とは?糖質と蛋白質が豊富な携帯食料。
いよいよUTMF(STY)に挑戦する。3度目の抽選でようやく当選したのだ。UTMF(STY)に出場するには2段階のステップがある。まずは必要ポイント数の獲得。その後の抽選だ。特に2017年大会は開催されなかった為、出場に4年掛かった。 ...

特に良いトレーニングになったのはOSJ安達太良山トレイルランである。一気に登って降りるを4回繰り返すダイナミックなレースで、それだけに良いトレーニングとなった。1時間程度だが夜間走行も体験できた。

大会での経験とトレーニング内容。

FunTrails100Kの参加案内到着FT50を完走して2017年はFTR100に挑戦。
なので夜の山を走るのはハセツネCUPと安達太良山トレイルランの2回だが、今回のFT50も夜間走行となる。17時には暗くなるからゴールが21時だと4時間ヘッドライトを付けて走る事になるな。

46時間計測のGPS時計でトレイルランを極めろ!UTMF・UTMBに必須。
以前からいいなと思っていたエプソンの「MZ-500S」。半年後に購入しようと思っていたが、アマゾンを見たら安かったので、急遽購入決定。これまで使っていたポラールM400HRでも問題ないが、電池が6時間しか持たないので、ウルトラトレイルで使え...

それより早く完走できれば良いが、時間を気にすると折角の大会を楽しめなくなる。この50Kmのトレイルランを無事完走できればそれで良い。それ以外のトレーニングとしてはスピードを意識した10Km走と15Kmから25KmのLSDだ。(全てロードでのトレーニング)

UTMF・STYの装備チェック対策!雨具ライト電池タイツ防寒着の準備。
いよいよUTMF・STYに挑む1ヶ月前となった。ボランティアやサポート担当もそれぞれ準備している事だろう。2018年はSTYに挑戦するので、実際に必携品を揃えてみた。トレイルラン用品があまり売ってない地域もあるだろうから早めにアマゾンや楽天...

後はスポーツジムでのトレッドミルだ。斜傾5%から9%で走るも角度がきつくて長く走れない。それでも途中で角度を緩めて休憩を取りつつ走り続けた。トレーニング前後にアミノ酸やプロテインを摂取するのも怠らない。

奥宮俊祐選手のトレイルランニング大会FunTrails100K・FT50体験記。
2016年も各種大会に参戦して11月は最終戦のFunTrails100K(FT50)となった。今年は2月の東京マラソンを走ってから岩木山トレイルランニングフェスティバル・OSJ安達太良山トレイルラン50K・大阪マラソン・ファントレイルズ10...

やるべき事はやった。ファントレイルズのFT50楽しめると良いな♪「奥宮俊祐選手のトレイルランニング大会FunTrails100K・FT50体験記」に続く。

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
タイトルとURLをコピーしました