トレイルランナー鏑木毅がパタゴニア神の領域で使用したTRコンポ10。
Sponsored Link

トレイルランナー鏑木毅がパタゴニア神の領域で使用したTRコンポ10。

トレイルランナー鏑木毅がパタゴニア神の領域で使用したTRコンポ10。 ランニング用品紹介
Sponsored Link

NHKスペシャルで放送していた「神の領域を走る」を見た。ウルトラ・フィヨルドって大会名は初めて聞いたが相当過酷なレースのようだ。100マイルの参加条件は100Kmの完走経験が必要で、エントリー期間は8月から12月である。

極寒の寒さに耐えるパールイズミのサイクルジャージとパンツで冬対策。
12月から翌年2月までの寒い時期でもロードバイクに乗りたい。どれだけ寒くても路面が凍ってもロードバイク好きなら乗りたくなるものだ。今回はどんな極寒の寒さにも絶えられるようにサイクルウェアをレビューする。まずは腰から足元を温める裏起毛のサイク...

2015年から開催されているウルトラ・フィヨルド。参加者は33人で完走者は10人で完走率は30%。一般的な100Kmの大会でも平均完走率65%だからどれだけ難易度が高いか完走率が物語っている。

Sponsored Link

ウルトラ・フィヨルドの完走者数。

イタリア・トルデジアン330KmグレートレースNHK絶景アルプス山脈の風景。

普通の大会は山の景色とかエイドステーションの食べ物が評価されるが、過酷・険しい・高難易度だからこそ注目される事もある。それが今回のウルトラ・フィヨルドだ。

真冬の寒さでも頭を保温するニット帽!スポーツ仕様のビーニーとは?
12月以降はとにかく寒くて外を走るのが億劫になる。特に頭部を冷やすと風邪やインフルエンザの原因になる。ならば頭を冷やさなければ良いのだ。春夏に使う野球帽では風通しが良くて冷えてしまい、強風が吹けば飛ばされる。冬仕様の帽子が必要だ。 ...

2回目の開催となった2016年には前年の3倍近い91人がエントリーした。当然、世界で活躍するトレイルランナー鏑木毅も含まれる。

プロトレイルランナー鏑木毅の挑戦。

田部井淳子エベレスト女子初登頂「人生山あり谷あり」の本を読んだ。コースはパタゴニアの南部、プエルトナタレス付近からスタート。スタート時間は深夜0時。深夜0時スタートなんてトランスジャパンアルプスレースみたいだ。絶景のパイネ国立公園を通過して「神の領域」へ進んで行く。

雨や雪も関係ない!防水手袋と保温性が高いミッドレイヤー紹介。
トレイルランの大会はどんな状況でも開催される。朝も夜も走り、雨も雪も走る。その為の備えが必要だし、大会での必携品としても欠かせない。ランニング用の手袋(グローブ)はいくらでも販売されてるが、防水手袋は存在しない。 アマゾンでさ...

鏑木毅(47歳)プロフェッショナルトレイルランナー。2009年のUTMBで3位。同年、アメリカで行われた「ウエスタンステイツ100マイルズ」で準優勝するなど世界に名が知らている。UTMFの実行委員長も努める。

パタゴニア神の領域でのレース展開。

グレートレース「カナダ・ユーコン700km」の放送を見た。
レース展開は優勝候補達がスタート直後に猛ダッシュ!そこで力を使い果たしてリタイア。残ったのはペースを守った鏑木毅とオスカル・ラゴス(チリ59歳)だ。

冬でも暖かマラソン・ランニング!ジャケット・インナーウェア紹介。
極寒の冬を乗り切るにはインナーとジャケットの組み合わせが必須。Tシャツの上にジャケットも良いが、本当に寒い日はインナーウェアも必要だ。なので、アジャイル・ロングスリーブとマウンテンバーサ・マイクロジャケットを紹介する。 サロモン・アジャイ...

オスカルは50歳を過ぎてからトレイルランニングに目覚め、毎年のように長距離レースに挑戦している最高齢ランナー。厳しくも美しいパタゴニアの大自然の中で走りたいとエントリーした。目標は完走。50歳からトレイルランナーになるとはな。UTMB2連覇のマルコ・オルモ選手を思い出す。

真冬の寒さで使える防寒着!最新の暖かトレイルランニングウェア。
寒くて寒くて寒すぎる。毎年12月から2月のトレーニングは大変だ。春夏と違って走ってる時の体温調整も難しい。止まれば寒いし、走れば暑い。トレイルランナーはどんな状況でも走らねばならん。暑さ・寒さ・雨・風・雪・夜など。 日本山岳耐...

オルモは58歳・59歳時にUTMB優勝。きちんとトレーニングしてれば走れるもんだな。結果として完走目的だったオスカル・ラゴス選手が先頭を走り続けてウルトラ・フィヨルド優勝。鏑木毅選手も2位と素晴らしい成績を残した。

Sponsored Link

鏑木毅がパタゴニアで使用したTRコンポ10。

ノースフェイス製TRコンポ10とマンタレイベストが並んでいる画像。

このパタゴニアのレースを見ていて思ったのは鏑木毅がTRコンポ10とストライクジャケットを使用していた事だ。TRコンポ10は自分自身が使ってるから良く分かる。一般的なザックは胸部分にボトルを収納するが、TRコンポ10は肩部分に収納するから腕振りを阻害しないのだ。

ノースフェイス製TRコンポ10とマンタレイベストが並んでいる画像。

それ以外に鏑木毅選手が使用していたのはストライク・ジャケットだな。とても薄くてビニール袋のように軽い。それでいて耐水性は抜群の素晴らしい一品。現在は更に進化した「ストライクトレイルフーディNP61672」が発売されている。

エプソンが鏑木毅選手のスポンサーになってるので、GPS時計はMZ-500MSと思われる。このMZ-500も私が使用しているお気に入りの商品だ。何故なら高精度モードで46時間・長時間モードで110時間計測できるからだ。GPSの補足も早くて耐久性も抜群なのだ。

TRコンポ10ストライクトレイルフーディMZ-500MSは非常に高性能だからウルトラトレイルでも大活躍するだろう。全てにおいて言えるのは軽さと高性能を両立してるって事だな。NHKスペシャル 神の領域を走る パタゴニア極限レース141km [DVD]もチェックしよう!

ノースフェイス製レインウェア雨具とワコールCW-Xタイツの修理方法。
2016年11月19日開催のFunTrails100K(以下ファントレイルズ)この大会は105KmのFTR100と52Kmを走るFT50の2種類がある。今回は雨の中、FT50に出場した。どれだけ雨が降ろうと泥だらけになろうと完走する事に変わ...

ノースフェイス製レインウェア雨具とワコールCW-Xタイツの修理方法」に続く。関連記事「ワコールCW-XジェネレーターやバハダをFunTrails100Kで使った感想」もあり。

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
タイトルとURLをコピーしました