トレイルランニングの動画はこちら!
PR

少しも寒くないトレイルラン用、究極の防寒着とレインウェア紹介。

STY・UTMF・UTMBを完走する為に購入したトレイルランニング用品。 フルマラソン・ハーフマラソン・ウルトラマラソン用の商品をレビューした。
この記事は約6分で読めます。

2016年もあと一ヶ月で終了するが、今年も沢山のトレイルランニング用品を購入した。

2015年と2016年のSTY抽選に挑むも落選したので2017年は当選してフィニッシャーベストを獲得したい。

(2015年は悪天候2016年は中止だったので落選して良かった)

長距離走で力を発揮するアミノ酸とは?糖質と蛋白質が豊富な携帯食料。
いよいよFUJI100mi(STY)に挑戦する。3度目の抽選でようやく当選したのだ。FUJI100mi(STY)に出場するには2段階のステップがある。 まずは必要ポイント数の獲得、その後の抽選だ。特に2017年大会は開催されなかった為、出場...
46時間計測のGPS時計でトレイルランを極めろ!FUJI100mi・UTMBに必須。
MZ-500最大の特長が「ナビゲーション」機能。あらかじめGPXファイルを取り込めば山で道案内してくれるのだ。山では方角がわからなくなるからとてもありがたい機能だ。GPXファイルは「ヤマレコ」や長距離のトレイル大会で公開されるデータファイルだ。
Sponsored Link

2017年に向けて購入したトレランギア。

ノースフェイス製TRコンポ10とFRレースベスト限定品のトレイルランニング用バックパック
既にブログ記事に記載したトレラン装備から公開する。

バックパックとしてはノースフェイスのFRレースベスト(NM61426)とTRコンポ10(NM61515)を購入。

バックパックの補助として選んだマンタレイ(NM61525)は腰に巻くランニングポーチだ。

TRコンポ10は非常に気に入ったが、小物入れが今一だった。

なのでマンタレイとの組み合わせで万能のトレランギアとなった。

レインウェアはノベルティ・ベンチャージャケット(NP61515)を奮発して購入。

定価で計算するとこの時点で3万8千円だな。

FUJI100mi完走に必要な全装備品紹介!雨具ライト電池タイツ防寒着の準備。
いよいよUTMF・STYに挑む1ヶ月前となった。ボランティアやサポート担当もそれぞれ準備している事だろう。2018年はSTYに挑戦するので、実際に必携品を揃えてみた。トレイルラン用品があまり売ってない地域もあるだろうから早めにAmazonや楽天市場で購入しよう。

サロモントレイルランニング製品。

極寒の寒さでも頭を保温するニット帽!スポーツ仕様のビーニーとは?

サロモン製品は帽子のXAキャップ(L38005900)と手袋であるXT WINGS GLOVE WP(L32871000)を購入。

XAキャップは帽子を被っているとは思えないほど軽い。

その上丈夫で長持ちしそうだ。

XT WINGS GLOVE WPは普段指出し手袋だが、雨の時はミトンに変化できる優れ物。

小さめの作りなので購入時はワンサイズ上のにした方が良い。

フライウェイトレーシングショーツとスピードショートパンツ比較!
トレイルランニングのパンツは各ブランドから発売されている。ナイキ・アディダス・アシックス・ミズノ・アンダーアーマー。膨大なランニングパンツを全部試着するのは無理である。なので、究極の機能性を備えたトレイルランニングパンツを2つ紹介。

マウンテンバーサ・マイクロジャケット。

雨と寒さを防ぐノースフェイスのスワローテイル・ジャケットと帽子。

ノースフェイス製品で購入したのはエンデュランスビーニー(NN01504)とマウンテンバーサ・マイクロジャケット(NL21404)だ。

普通の帽子はサロモンのXAキャップにしたが、秋冬用の耳まで隠れる帽子があった方が良い。

軽量で保温性を保つ「ポーラテックサーマルプロ・マイクロフリース」を採用したジャケットってどんなんだろうと興味本位で購入した一品。

確かに軽量で暖いが、あまりコンパクトにならないので、収納に苦労するな。

【レインウェア】ノベルティーベンチャージャケットとパンツ評価。
ノベルティーベンチャージャケットは毎年、新しいのが発売される。防水性とか基本は同じだが、レインウェアの「色」は変わる。2020年はバッキーバレーカーキとバッキーバレーネイビーが発売されてる。私が買った時はバッキーバレーネイビーなんてなかった。いい色だな~。

スワローテイル・ベントフーディー。

スワローテイル・ベントフーディー(NP21668)ノースフェイスのベンチャージャケットを買ったものの雨具としてではなく、普段使いできるジャケットが欲しかった。

以前、インパルスジャケットを使用していたがソフトシェルとハードシェルの中間のジャケットで走りたかったのだ。

スワローテイル・ベントフーディー(NP21668)なので、思い切ってスワローテイル・ベントフーディー(NP21668)を購入。

色がアンティークモスグリーン・ココアブラウンと言う珍しい色で気に入っている。

軽くて走りやすい!ノベルティ・スワローテイルベントフーディ評価。
フルマラソン・トレイルランニング・登山、いずれにせよ動きやすさが重要なスポーツ(趣味)それには走りを阻害しない軽さが必要。 そして走りに適した素材でしっかり作られてる必要がある。 これらの条件を満たしたのがノベルティ・スワローテイル・ベント...

FUJI100mi・UTMB・トルデジアンへの遠征費用。

イタリア・トルデジアン2016大会要項とNHKグレートレースを視聴した長髪の少女。

スワローテイル・ベントフーディーは秋から春にかけて活躍してくれるだろう。

上記のように2016年に購入した装備を公開した。

別の記事で紹介したトレランギアを含めると2016年は8万円くらい使ったかな。(大会参加費用は10万円)

2017年はトレイルランニング用品に資金を使うのではなく、大会参加費用だけに使いたい。

FUJI100miやUTMBを完走するのにそれなりの費用がかかる。

だからトルデジアンへの遠征費用も含めて100万円は欲しいな。(フリーターには辛い)

雨の日のトレイルランニング装備!レインウェア・防寒着・シューズ選び」に続く。

【レインジャケット】ストライクトレイルフーディーで雨風雪対策。
山に行ったらいつ雨が降るかわからない。山の天気は街よりも変わりやすい。じっくり山を登る登山であれ、颯爽さっそうと駆け抜けるトレイルランであれ雨対策が必要。特にトレイルランニングでは必携品として所持が義務付けられてる大会もある。雨合羽やウインドブレーカーでは認められない。正規のレインウェア・レインジャケットが必要なのだ。

トレイルランナーならこの記事を読もう!

アシックスのインナーマッスルタイツとワコールCW-Xで走った感想。

Sponsored Link

ワコールCW-Xのスポーツタイツはこちら。

Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました