鏑木毅のエプソンMZ-500と奥宮俊祐ガーミンfenix3J Sapphire比較。

鏑木毅のエプソンMZ-500と奥宮俊祐ガーミンfenix3J Sapphire比較。 ランニング用品紹介
この記事は約4分で読めます。

初めて購入したGPS時計はポラールのM400HRだったが、電池が6時間しかもたないのが残念。あと、心拍センサーを胸に巻くのが冷たくて嫌だった。

更に心拍センサーはマラソン大会中に外れやすくて走る事に集中できない。それでも心拍数を測ってのトレーニングは効果あった。

スポンサーリンク

ガーミン・フェニックス3JサファイヤHR。

奥宮俊祐選手とは第10回ハセツネCUP優勝者で、別名ミスターハセツネと呼ばれるプロのトレイルランナーだ。その奥宮俊祐選手が使っているのが「ガーミン・フェニックス3JサファイヤHR」だ。

効率的にトレーニングできるポラールのハートレートモニター使い方。
これまでトレーニングやスポーツイベントに計測機器を持たずに参加していたが、心拍数を把握してトレーニングするとその日の疲労感や調子がわかってより効率的に練習できそうだ。 だが、本質的なのはそこではなく、モチベーションが飛躍的に上がる事。...

GPS計測が16時間可能なので、ハセツネCUPやスパトレイルのような70Km前後を主戦場にするトレイルランナーに最適。※ウルトラトラック(間引き計測)なら40時間計測

手首計測で心拍胸ベルト不要のGPSランニングウォッチ。

GarminのABCウォッチfenix3Jシリーズに光学式心拍計を内蔵したのがフェニックス3JサファイヤHR。手首の脈拍を読み取るので、心拍ベルトは不要なのだ!心拍ベルトを使わなくても心拍数を計測してくれるのは嬉しい限り。

登山やトレイルランニングで使用しても頑丈で傷が付きにくいサファイアガラスとオフィスでも違和感のないデザイン性。更に筋肉疲労の原因である物質、乳酸の運動強度に伴う変化の測定 (リカバリーアドバイザー)と就寝後も自動で睡眠時間と睡眠中の動きを計測可能。

鏑木毅エプソンMZ-500の特徴。

鏑木毅のエプソンMZ-500と奥宮俊祐ガーミンfenix3J Sapphire比較。

ポラールが6時間しか計測できないからハセツネCUPでは第1関門付近で電池切れ。時計は単なる重りとなった。ハセツネCUPは無事完走したものの、長時間計測できる時計が必要だった。

インターネットで探すと「エプソンMZ-500」と言う登山やトレイルランニングに適したGPS時計が発売されていた。ポラールM400HRの次に買うのは計測時間の長いGPS時計と決めていた。

なので、46時間計測できるエプソン「MZ-500」に興味があった。長時間モードなら110時間計測可能のこの時計ならUTMFやUTMBで使うに申し分ない。目標がUTMB完走だけに、MZ-500を買う事にした。

MZ-500とfenix3J Sapphire HRを比較。

UTMB挑戦者達と完走を目指したウエイト・筋力トレーニング。

fenix3J Sapphire HRの特徴は何と言っても手首の脈拍で計測できる「光学式心拍計」だ。心拍ベルトなしで、計測できれば走りに専念できる。その上、心拍ベルトを別途購入する必要はない。

トレイルラン用にGPS登山時計エプソンMZ-500Sを購入!気圧気温も計測。
ランネットでRUNポイントキャンペーンやってた。ランネット画面をよく見ると500マイルと書いてある。プロフィールを更新したから貰えたようだ。これでSTYエントリー料の500円として使える。 エプソンのGPS登山時計入手! 以前か...

なので、トレイルランナーウルトラマラソンランナートライアスリートと幅広く使える。自身の使う競技が15時間程度で終わるなら「fenix3J Sapphire HR」が最適。※ウルトラトラック(間引き計測)なら40時間計測可能

UTMFやUTMBに挑むトレイルランナーはMZ-500。

鏑木毅のエプソンMZ-500と奥宮俊祐ガーミンfenix3J Sapphire比較。

一方のMZ-500は登山とトレイルランニングに特化したGPS時計と言える。防水性や電子コンパス・気圧気温の機能はMZ-500もfenix3J Sapphire HRも変わらない。しかし、MZ-500は「高度計」と「地図ナビゲーション」の機能がある。

トレイルランニング時計エプソンMZ500とポラールM400比較。
トレイルランニング歴3年目にして初めて買ったランニングウォッチがポラールの「M400HR」だ。GPSと心拍計は標準装備でデザインが良かったので購入。 ホワイト・ブラック・ピンク・ブルーの4色展開でピンクは値段が高かったので、ブラックを...

高度計は現在どれだけ高い位置にいるかだけでなく、これまで登り下りした累積標高差も表示可能。地図ナビゲーションは事前に登山ルートを作成してMZ-500に取り込める。登山当日、そのルートを見ながら登山道を進む事ができる。

ヤマレコからGPXファイルをダウンロードすれば自分でルートを作成する必要がない。そして最大の特徴が46時間計測。真のトレイルランナーならUTMFやUTMBを完走したいと思うもの。日本製で46時間も計測できる時計はエプソンMZ-500だけだ。

SUUNTO9Baroは最長120時間計測!手首心拍計でトレイルランに最適。
SUUNTO9(Baro)を買ったので実機レビュー。スント9と言っても種類豊富でBaroと心拍計が付くかで値段が変わる。価格は5万円から10万円の幅がある。 「Baro」は気圧計の事であり、天気と高度を大気圧で規則する。トレイ...

私はUTMB完走が目標なのでエプソンMZ-500を選んだ(2016年当時)だが、2019年に廃盤になって今は販売されてない。なのでスント9がお勧め!「SUUNTO9Baroは最長120時間計測!手首心拍計でトレイルランに最適

関連記事「読めば完璧!トレイルランニングのブログ記事10選(攻略対策情報)

コメント

タイトルとURLをコピーしました