トレイルランニング用品が激安超特価!
PR

スパトレイルと信越五岳トレイルランを完走する為に走り込む日々。

スパトレイルと信越五岳トレイルランを完走する為に走り込む日々。 中距離走(トレイルランニングで50Kmから100Kmまでの大会)
この記事は約4分で読めます。

2016年2月1日にスパトレイル72Kmにエントリーした。

6月にスパトレイルを走ったら10月にハセツネカップ・11月にファントレイルズ100Kを走る予定だった。

しかし、ネット上で信越五岳トレイルランの情報を見ていると自分も出たくなった。

FUJI100mi完走に必要な全装備品紹介!雨具ライト電池タイツ防寒着の準備。
いよいよUTMF・STYに挑む1ヶ月前となった。ボランティアやサポート担当もそれぞれ準備している事だろう。2018年はSTYに挑戦するので、実際に必携品を揃えてみた。トレイルラン用品があまり売ってない地域もあるだろうから早めにAmazonや楽天市場で購入しよう。

しかし、問題がある。それは信越五岳トレイルランを走った後にハセツネカップまでの間隔が短い。

それとどちらの大会もかなりのエントリー合戦が繰り広げられる。エントリーに3分以上かかると出場できない可能性が高まる。

Sponsored Link

スパトレイルと信越五岳トレイルランニング。

奥宮俊祐のガーミンfenix3J Sapphire HRと鴨井夕子235J比較。
私は1度完走した大会には2度出場しないと決めている。これはロードレースについてであって、トレイルランニングは別だ。

なので、ハセツネカップの2度目の出場を考えるも信越五岳トレイルランを追加すると日程が厳しい。

雨や雪も関係ない!防水手袋と保温性が高いミッドレイヤー紹介。
トレイルランの大会はどんな状況でも開催される。朝も夜も走り、雨も雪も走る。その為の備えが必要だし、大会での必携品としても欠かせない。ランニング用の手袋(グローブ)はいくらでも販売されてるが、防水手袋は存在しない。 アマゾンでさえ探すのは困難...

更に両方エントリーすると遠征資金が半端ない。

なので、ハセツネカップを回避してスパトレイル・信越五岳トレイルラン・ファントレイルズ100Kと進むべきか…。

冬でも暖かマラソン・ランニング!ジャケット・インナーウェア紹介。
極寒の冬を乗り切るにはインナーとジャケットの組み合わせが必須。Tシャツの上にジャケットも良いが、本当に寒い日はインナーウェアも必要だ。なので、アジャイル・ロングスリーブとマウンテンバーサ・マイクロジャケットを紹介する。

しかし、信越五岳トレイルランにエントリーできる保証はない。

ハセツネカップのエントリー開始日は6月1日と決まってるが、信越五岳トレイルランはまだ公開されてない。

ハセツネカップにするか信越五岳トレイルランにするか迷う。

ノースフェイス製スワローテイルベントフーディーとワコールCW-Xの修理。

信越五岳トレイルランに参加したいと思うものの9月までに完走できる走力を付けられるか問題。

安全策ならハセツネカップのみエントリーして信越五岳トレイルランは回避だ。

冬でも暖かマラソン・ランニング!ジャケット・インナーウェア紹介。
極寒の冬を乗り切るにはインナーとジャケットの組み合わせが必須。Tシャツの上にジャケットも良いが、本当に寒い日はインナーウェアも必要だ。なので、アジャイル・ロングスリーブとマウンテンバーサ・マイクロジャケットを紹介する。

信越五岳トレイルランのエントリー開始日がハセツネカップの後なら

ハセツネカップにエントリーできなくても信越五岳トレイルランのエントリーに挑戦できる。

それはそれで良いのだが、ハセツネカップのエントリーに挑戦したら大方、無事にエントリーできるだろう。

高タンパクで筋肉増強!トレーニング後に飲むべきミルクプロテインとは?
昔はプロテインと言えば高くてまずい物だった。それが進化して今では安くて美味しい物が出てきた。とは言え、携帯性の高いプロテインはこれまでなかった。 アミノ酸なら携帯できる物が豊富に売られてるが、浮遊されるタンパク質は少ない。大会を走った後や、トレーニング後はアミノ酸とプロテインの両方が摂れれば筋肉の回復が速い。

そうなれば信越五岳トレイルランを回避する事になる。まだ走力が足りないから回避しても問題ない。

2018年のFUJI100miポイントもファントレイルズ100Kで稼げる。

春になったらトレイルランニング再開。

スパトレイル2017にエントリーしたので、トレーニングに励む。
ただ、2018年のFUJI100miに挑戦するにあたって信越五岳トレイルランを完走しておけば

肉体的にも精神的にも安心してFUJI100miに挑める。

ハセツネカップと信越五岳トレイルランのどちらに出場するかは信越五岳トレイルラン2016の詳細が発表されてからにしよう。

登りに強い!コロンビアモントレイルのトランスアルプスFKTⅡ評価。
バハダは山も舗装路も走れる優れもの。なので、スピードクロス4とバハダを併用すればどんなトレイル大会でも対処できる。だが、1つ気になっているシューズがあった。それがコロンビアモントレイルの「トランスアルプスFKTⅡ」って奴で、UTMB用に開発された商品だ。コロンビアモントレイルランニングシューズ。

スパトレイル・信越五岳トレイルラン・ハセツネカップ・ファントレイルズ100Kのどれに出場するにしてもトレーニングは欠かせない。

帰宅ランの16Kmに加えて冬の間封印してたトレイルランニングの練習も再開した。

真冬の寒さで使える防寒着!最新の暖かトレイルランニングウェア。
寒くて寒くて寒すぎる。毎年12月から2月のトレーニングは大変だ。春夏と違って走ってる時の体温調整も難しい。止まれば寒いし、走れば暑い。トレイルランナーはどんな状況でも走らねばならん。暑さ・寒さ・雨・風・雪・夜など。

2月25日はトレイルラン16Kmにロード7Kmを走った。

これからはロードを走る頻度を100Km程度にしてトレイルランニングも100Km走るようにしたい。そして目指すは2018年のFUJI100mi完走だ。

スポーツ未経験のジョギング初心者が楽にフルマラソン完走する方法。
これまでスポーツ(運動)をした事がない人からすればフルマラソンは想像もつかない世界だろう。どれだけのトレーニングを積めば完走できるのか不安もあるかも知れない。だが、順序を追ってトレーニングすれば完走は難しくない。全く運動してなかった人がダイエット目的で走り出す人もいるくらいだ。

スパトレイル72Km関連記事。

Sponsored Link