ハセツネカップヘの登竜門ハセツネ30K大会会場で三匹の巨大犬出現。
Sponsored Link

ハセツネカップヘの登竜門ハセツネ30K大会会場で三匹の巨大犬出現。

初めてハセツネ30Kに挑戦!受付で装備チェックしてスタート。 ハセツネCUP(50Km超)
Sponsored Link

立川駅に到着後、「武蔵五日市駅」に向かう電車に上手く乗り込めるか!?これは難易度が高い(T_T) 第3関門はこれらを踏まえて制限時間内に「武蔵五日市駅」に到着できるか!?

実際、武蔵五日市駅に到着しても大会会場に行くまでに受付時間を超える可能性がある。なんて恐ろしいんだ(TOT) うまく予定時間内に駅に到着できればハセツネランナーが沢山いるだろうから会場まで付いて行けば良い(^^♪

Sponsored Link

武蔵五日市駅に到着後、ハセツネ会場へ。

ハセツネ30kの会場に近い武蔵五日市駅。

なにはともあれ完走してくるぞ!!前回のブログでも書いたが、一番の問題は予定時刻までに武蔵五日市駅にたどり着けるかどうかだった。(長距離遠征の為) 当初新宿駅西口からJRの改札口に向かう予定だった。

だが、歩いていたら「南口」を発見。進んで行ったらなんと!JR改札口があった(^O^) 幸先の良い出だしだ。お蔭で乗れないと思っていた始発電車に乗る事ができた♪ その後の恐怖の乗り換えも順調に進み、無事武蔵五日市駅に到着した。

初めてのハセツネ30K。

その後受付会場に向かったが、なにせ「都会で迷子になる時間」を設定した割には迷子にならなかったので、早く着きすぎた^_^; 会場の人達には「ボランティアスタッフが来た」と思われていたかも。受付は水と山岳保険のみの確認と思っていた。

だが、水・雨具・防寒具・山岳保険証・行動食をチェックされた。 当初ハイドレーションに2L入れていたが、情報では1.5Lで十分そうだったので来る途中で少し飲んでいた。これが後にとんでもない事に・・。

3匹の巨大犬が応援?そしてスタート!

会場では「白熊」!?のような巨大な犬が3匹来ていた。そしてスタート!(急展開) 思った通り、皆急加速で進んでいく。 「・・・」 体に力が入らない(-_-;) 理由はザックの重さとトレランシューズでロードを走る違和感だ。

※一番の原因は普段走ってないからだが(笑)1km地点でエネルギー使い果たして終了(爆) まあいいさ(・ω<)この状態でどこまで行けるか試してみるぜ(^^)v もちろんこれでは追われない!そう言えばスタート直後に奥宮俊祐選手とハイタッチした。

朝早く到着して寒い時間帯に準備した為、暖かめの服装にした。初めて見たのは第1回蔵王トレイルランの時で、思ったより小柄な選手だったので驚いた。「ハセツネ30K大会当日の装備チェックはレインウェアと補給食・水分」に続く。

トレイルランニング大会関連記事。

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
タイトルとURLをコピーしました