UTMB2017日本人当選者は303人!土井陵や原良和・松永紘明も参加。

UTMB2017日本人当選者は303人!土井陵や原良和・松永紘明も参加。 100Km以上の大会

UTMBとはフランスをスタートしてスイス・イタリアを経由後にフランスに戻る。トレイルランニングでは世界最高峰の大会である。

距離は170Km(100マイル弱)でUTMB以外にもCCC・TDS・OCCと複数のカテゴリーがある。

アマチュアでUTMBに挑戦して優勝や入賞と言った結果を残せればスポンサーが付いてプロのトレイルランナーになれる。鏑木毅選手はアマチュアだったが、UTMBで3位になった事でプロトレイルランナーの道が開けた。

大会前の宿泊予約は楽天トラベルで!
大会前に予約しよう!

楽天トラベル

UTMB2017抽選結果発表。

OSJ安達太良山トレイルランニング50K和尚山と船明神山の絶景を見るトレイルランナー。

昨年12月15日から募集されていたUTMBに日本人564人がエントリー。その内、303人が当選した。2016年の285人を超える日本人ランナーが2017年のUTMBに挑戦する。

UTMBに挑戦できるなんて、とても羨ましい。実際に当選した日本人をUTMBホームページで見れる。

UTMBのページを開いたらRUNNWRS>THE2017RUNNERS>COUNTRYでJAPANを選択するとエントリーした日本人全員が表示される。

抽選結果表示でStatuteの欄が「To Pay」なら当選で「Refused」は落選。「Registered」は優先出走権での当選か、当選後にエントリー手続きを済ませた事を表す。

日本人有力選手達の動向。

日本山岳耐久レース(ハセツネカップ)第1関門浅間峠に向かう女性トレイルランナー。

当然ながら有力選手は抽選なしで出走する。170KmのUTMBの他、101KmのCCC・119KmのTDS・55KmのOCCも抽選結果が発表された。UTMBは2016年と同様の人気だが、CCCとOCCは日本人参加者が増えた。

TDSも世界全体で見ると定員を超えている。UTMB参加者2016年で女子8位になった丹羽薫・2015年11位の土井凌・2013年UTMF優勝の原良和・NHKグレートレースで放送された砂漠マラソン優勝の飯野航

その他、松永紘明・須賀暁選手。CCC参加者2016年IAUトレイルランニング世界選手権代表の太田美紀子・大松智恵・滝川次郎。TDS参加者2016年HK100で7位の大瀬和文・黒田清美・上宮逸子・湯浅綾子。

OCC参加者2016年CCC2位の上田瑠偉・原朋子。昨年のCCCで準優勝した上田瑠偉選手が距離の短いOCC(55Km)に出るのは意外だ。原朋子さんは原良和さんの妻だろう。

日本のUTMFは2018年春開催。

スピードクロス4レビュー!サロモントレイルランニングシューズ。

UTMBは落選した翌年に優先出走権があるから参加しやすい。対して日本のUTMFはトップランナーの優先出走権はあっても抽選に関する優先出走権は存在しない。

UTMF(STY)に2年連続落選した私としてはUTMFにも落選後の優先出走権を与えて欲しいものだ。ちなみにUTMFは2015に悪天候、2016年に距離短縮(STYは中止)になった事から2018年春の開催が決定された。

UTMB2021年から参加方法変更!日程や必要ポイント数はどうなる?
UTMB2021の参加方法が発表された。ずばり言うとエントリーリスト(キャンセル待ち)と参加大会の振替えはない。 これまで定員に達した大会についてはまだ定員に達しない大会に振り分ける事もあった。2021年以降はそういった仕組みがない事...

UTMBに挑戦する前に2018年のUTMFに向けてしっかりトレーニングしよう。「最速でUTMFに出場する方法!エントリー資格とポイント対象レース」に続く。

コメント

タイトルとURLをコピーしました