スポーツライター
美山走希

UTMFを目指すトレイルランナー。その前に彩の国100Kmを完走したい。ロードバイクはブルベ300Kmが目標。

美山走希をフォローしよう!

カンパニョーロゾンダとフルクラムレーシング5比較!買うならどっち?

5.0
カンパニョーロゾンダとフルクラムレーシング5比較!買うならどっち?ロードバイク
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

ロードバイクの完成車に付いてるホイールはとても重い。2Kgある事から鉄下駄と呼ばれる。そんなホイールを変えれば走りも変わる。

ホイールはタイヤの次に地面に近いからこれを変えると全体が変わる。ならどんなホイールを買えば良いのか?

一般的にカンパニョーロ・ゾンダが最適と言われる。価格帯は3万5千円から4万円の間。初めて買うホイールにしては高すぎる。他に良いホイールはないだろうか?

初心者必見4万円と30万円のロードバイクを比較した結果!違いは?
ロードバイクは10万円から30万円が標準的な価格。ではその価格差は何なのか?価格は2つの要素で変化する。 まずはコンポーネント。略してコンポと呼ばれる変速ギア。シマノだとクラリス・ソラ・ティアグラ・イチマルゴ・アルテグラ・デュラエース...
ロードバイクに100万円使った結果!買って良かったランキング。
これまでロードバイクに出費した費用を合計すると100万円になっていた。ロードバイク4台にキッカーコア(ダイレクトドライブ)と大金を使ってきた。 その中で、購入して良かったロードバイク用品をランキングで紹介。買って良かったのはロードバイ...
スポンサーリンク

カンパニョーロゾンダとフルクラムレーシング5比較!

Fulcrum Racing5 C17 Wheel

安いホイールならフルクラムがお勧め。フルクラム・レーシングシリーズは0から7まである。数字が小さいほど高性能で、0から3まではかなり高価。4は3万5千円前後、5は2万五千円で売られている。

Fulcrum Racing5 C17 Wheel

6と7は鉄下駄と同じだから買ってはいけない。結論から言うと安くて高性能なフルクラム・レーシング5で充分。巡航速度が上がり、移動が楽になる。ホイールの赤いシールと5の表示がかっこいい。

ビンディングペダルとシューズ選び完全版!SPDとSPD-SLを徹底比較。
ロードバイクを買ってしばらくするとこう思う。最初はフラットペダルだったのが、ビンディングペダルやビンディングシューズに挑戦したくなる。実際にビンディングシューズとペダルにした方が楽になる。そんなSPDとSPD-SLのを徹底比較した。

カンパニョーロ・ゾンダは軽い(前後で1550g)

Campagnolo Zonda C17 Wheel set

ではカンパニョーロ・ゾンダはどうだろう?3万5千円以上するだけの性能はあるか?カンパニョーロ・ゾンダの特徴は軽さ。ホイールを手に持っただけでその軽さがわかる。

Campagnolo Zonda C17 Wheel set

前後でリムの高さが違い、スポークとスポークの間が肉抜きされている。G3組と言う独特なスポーク配置でリムテープは不要。外観は「campagnolo zonda」と大きな文字で書かれている。

サイクルコンピューターはGPS搭載、地図ナビゲーション付きを選べ。
ロードバイクに装着するサイクルコンピューター(略してサイコン)サイクルコンピューターがあればロードバイク走行が楽しくなる。 なんと言ってもロードバイクでの走行距離・速度・心拍数・パワー・ケイデンスの5つがわかるのが嬉しい。走行後は地図...

鉄下駄(シンクロス・レース22)からフルクラムへ。

Syncros Race 22

鉄下駄(シンクロス・レース22)の時はいくらペダルを回しても前進してる気がしない。平坦も登り坂も苦痛で、巡航速度は27Kmがやっと。30Kmなんて滅多に出ない。

Syncros Race 22

なので、完成車付属の鉄下駄からフルクラム・レーシング5に変更。フルクラムに変えただけで劇的変化!とても同じロードバイクと思えない。

前進する力が向上し、ロードバイクに乗るのが楽しくなった。

ホイール買うならWiggleとPBKどっち?海外通販サイト比較した結果。
ロードバイクに1年、2年と乗ってると欲しくなるのがホイール。ホイールを変えると走りも変わる。同じロードバイクとは思えない変化が起きる。 初めてホイールを買うならフルクラムレーシング5か、カンパニョーロゾンダがお勧め。そんなロードバイク...
スポンサーリンク

カンパニョーロ・ゾンダとフルクラム・レーシング5どっち?

Fulcrum Racing5 C17 Wheel

速さを目指すならカンパニョーロ・ゾンダ。安さならフルクラム・レーシング5。違いをまとめると以下のようになる。(キャリパー(リム)ブレーキ用の重さと価格)

鉄下駄(シンクロス・レース22)フルクラム・レーシング5カンパニョーロ・ゾンダ
重量2Kg(重い)1.65Kg(軽い)1.55Kg(軽い)
価格完成車付属品2万5千円(参考価格)3万5千円(最安値)
無音500Km走行後、無音になった。無音
速度×
デザイン×

ホイール選びで大事なのがロードバイク本体の性能。車体が貧弱なのにホイールだけ一流にしても性能を発揮できない。あくまでロードバイクとホイールのバランスが重要。

そうゆう意味ではフルクラム・レーシング5はどんな車種(クラリス・ソラ・ティアグラ)でも使える。レースしないならこれで充分。105やアルテグラならゾンダでも良い。

ロードバイク用品の選び方!初心者女子が快適に走れる機材を紹介。
あなたはロードバイクを手に入れただろうか?それともこれから購入予定だろうか?ロードバイク初心者女子に言えるのは安いロードバイクで良いこと。ロードバイクの知識がないのに高価なのを買うと後で公開する。シマノのグレードで言えばSORA(ソラ)で良い。これだと10万円弱で買える。

カンパニョーロ・ゾンダとフルクラム・レーシング5結論。

Campagnolo Zonda C17 Wheel set

初心者がとりあえず買うならフルクラム・レーシング5確定。ホイールの相場は2万5千円だが、【ProBikeKit】Wiggle(ウィグル)はクーポンを使えば更に安くなる。私は2万1千円で購入できた。

カラー液晶ナビゲーション!ブライトン・ライダー750Eレビュー。
これまで使っていたサイクルコンピューターから買い替えたい。機能が備わったサイコンが欲しい!そんなあなたにブライトン・ライダー750Eを紹介!このサイコンはカラー液晶でタッチパネルの画面になっている。なので、スマートフォンのように直感的に操作できる。

カンパニョーロ・ゾンダは速さと軽さ。

Campagnolo Zonda C17 Wheel set

ホイールの好みは人それぞれだが、ゾンダは「campagnolo zonda」と白黒で書かれてるのがかっこいい。カンパニョーロ独特のスポークの組み方(G3組)も気に入っている。

私の場合フルクラム・レーシング5より巡航速度が2Km上がり、30Km以上も出しやすくなった。速さを追求するならカンパニョーロ・ゾンダを選ぼう。

ゾンダやレーシング5をWiggle(ウィグル)で見る!
【ProBikeKit】で初注文時にクーポン(LF4I-R1)を入力すると10%割引。

ロードバイクのホイールを海外通販サイトで買った話。

Campagnolo Zonda (CS-R8000・CS-5800)

シマノ CS-R8000 11S 11-32T 12346802582 ICSR800011132
シマノ(SHIMANO)
SHIMANO(シマノ) ULTEGRA CS-R8000 カセットスプロケット11-32T(11S) ICSR800011132

コメント

スポーツライター(ブロガー)
美山走希

UTMFを目指すトレイルランナー。その前に彩の国100Kmを完走したい。ロードバイクはブルベ300Kmが目標。

美山走希をフォローしよう!
タイトルとURLをコピーしました