スポンサーリンク

シマノSPD-SLにするか迷ったら読む!ビンディングシューズの必要性。

シマノSPD-SLにするか迷ったら読む!ビンディングシューズの必要性。 ロードバイク
スポンサーリンク

前回記事「シマノSPD-SLビンディングペダル比較!クリート種類とお勧めシューズ」の続き。これまでビンディングペダルは「PD-T400  EPDT400LR」を使用し、シューズはシマノクリッカー(SH-CT41G )を使っていた。

ビンディングシューズのサイズ選び!通信販売で買う時の注意点。
ビンディングシューズを買うと言っても地方ではなかなか売ってない。ランニングシューズなら何処でも売ってるが、ビンディングシューズとなるとそうは行かない。規模の大きい自転車屋とかロードバイク専門店でもなければ実物を見れない。 そん...

突如SPD-SLに興味を持ち、ビンディングペダル(PD-R550L)とシューズ(SH-RP500)を購入。今回はSPDとSPD-SLの違いを書きつつ、どちらにすべきか迷ってる人向けの記事である。

スポンサーリンク

SPDとSPD-SLの特徴。

Buy a binding pedal (PD-R550L) and shoes (SH-RP500)

SPDは元々マウンテンバイク向けに開発。クリートが小さく、シューズからの露出がほとんどないから、普通に歩ける。反面、クリートが小さいから足からペダルへの力を伝達しにくい。本格的に乗るならSPD-SLが良い。

SPD-SLに初挑戦!シマノRP4と着脱簡単なライトアクションペダル。
SPDペダルを使用して4年5ヶ月が経過した。最初に購入したのはシマノ・クリッカーのペダルとシューズだった。特に不満はなかったが、新車購入と同時にペダルも変えたくなった。じゃあSPD-SLに変えよう。 だが、そう簡単には変えられ...

SPD-SLはロードバイク向けに開発。クリートが大きく、歩くのは困難。ロードバイクに乗ったら滅多に降車しないレースやイベントに最適。革靴のようなシューズで、足に密着固定する。外出時に履くのもひと手間かかる。

SPDとSPD-SLどちらにする?

シマノクリッカーSH-CT41GとPD-T400も購入。

SPD-SLはクリートが大きくペダルとガッチリ固定されるから力の伝導は文句なし。ただ、ガッチリ固定されるだけあって着脱が難しい。慣れないと突発的な出来事に対処できない。クリートも消耗品であり、1つ1700円はする。

初めてSPD-SLのビンディングペダルで走行!シマノRP4シューズを評価。
前回記事「ビンディングシューズのサイズ選び!通信販売で買う時の注意点」の続き。購入したライトアクションのペダル(EPDR540LA)とシューズ(SH-RP400)をロードバイクに装着して試乗した。 SPDよりSPD-SLの方が...

対するSPDはクリートが小さいからペダルとの着脱が簡単。最初はSPDを使い、慣れてからSPD-SLにするのも良い。クリートは金属でできてるから長年使える。スニーカーと遜色ないSPD対応シマノRT5がお勧め。

SPDからSPD-SLペダルに交換。

Buy a binding pedal (PD-R550L) and shoes (SH-RP500)

今回は興味本位でSPD-SLにしたが、本当にSPD-SLにする必要があるか?ロードバイクに乗るならSPDとSPD-SLに迷う事もあるだろう。どちらを使うかは用途で決める。

フラットペダルからSPDに変更!使いやすいシマノクリッカーとは?
ロードバイクを買った時はフラットペダルだった。最初はロードバイクに慣れるのが最優先で速く走る事ではない。だが、ロードバイクに慣れるとSPDやSPD-SLと言ったペダルとシューズが気になってくる。 最初からSPD-SLにするのも...

レースやトレーニングでガンガン使うならSPD-SL、ロングライドを楽しみつつ、街乗りもするならSPD。SPD-SLは人間の力を最大限ペダルに伝えるからロードバイクの速さを追求する人に向いている。

スポンサーリンク

SPDとSPD-SLまとめ。

シマノクリッカーSH-CT41GとPD-T400も購入。

その反面、初めてのSPD-SLは着脱が難しい。どうしてもSPD-SLにしたいならペダルはPD-R540-LA(EPDR540LA)が良い。ライトアクションと言って簡単に外れるよう設計された。まずはペダルとの着脱に慣れよう。

クリート種類を紹介!SPD-SLビンディングシューズへの装着方法。
初めてSPD-SLのペダルにするならそれなりに準備が必要。ビンディングペダル・シューズ・クリートだ。クリートとはペダルとシューズを繋ぐ物。赤青黄色の3色ある。当然色には意味があって赤は上級者・青は中級者・黄色は初心者向け。 黄...

SPDのペダルについては「EPDA520」がお勧め。無駄のないデザインにクリート付属が嬉しい。片面SPDだから普段の靴でもSPDシューズでも乗れる。ある意味万能。これが5000円内で買えるとは嬉しい限り。

結局SPD-SLからSPDに戻した。

シマノクリッカーSH-CT41GとPD-T400も購入。

ちなみに私はSPDからSPD-SLにしたものの、元に戻した。レースやヒルクライムに出るわけでもなく、街乗りもそれなりにするからだ。移動手段としてロードバイクを使う時、どうしてもSPDの方が良い。通勤通学なんかもそうだ。

3分で乗りこなせるビンディングシューズとペダルはシマノクリッカー。
「フラットペダルからSPDに変更!使いやすいシマノクリッカーとは?」の記事ではビンディングペダルの種類について書いた。「初めてSPD-SLのビンディングペダルで走行!シマノRP4シューズを評価」では交換と着脱方法について書いた。 ...

やはり、普通に歩けるっていいものだ。今後もSPDのペダルを使う事にした。SPDでお勧めなのが「EPDA520」のペダル、そしてシマノCT5のシューズ。これなら普段着に近い服装でも乗れるから重宝する。

ロードバイク用品関連記事。

コメント

タイトルとURLをコピーしました