湯の街飯坂茂庭っ湖マラソンに挑戦!制限時間内にゴールできるか?

人見絹枝は日本初のメダリスト!たった1人で世界と戦った女性。 フルマラソン
この記事は約9分で読めます。

久しぶりにアミノバリューランニングクラブに行ってきた。練習内容は5km走を2回行うと言うもの。途中足が痛くて走れなくなったので、実質4kmを2回と言ったところか。

初めてのフルマラソンが目前なのに(やはり)走れなくなったか・・。今現在の私がフルマラソンに挑戦しても完走確率は5~10%程度だろう。それでも可能性があるからな~(^^)

スポンサーリンク

湯の街飯坂茂庭っ湖マラソンに挑戦!

歩きすぎるとタイムオーバーになるから歩く時間と走る時間を上手く采配せねば。うまくいけば制限時間一杯の6時間でゴールできる。次戦は送迎バスもあるし、荷物預かりも無料。

そして何よりスタートからゴールまでの間に「関門が無い」と言うのが素晴らしい(^O^)結果はいかに!?福島県湯の町飯坂茂庭っ湖マラソン☆(そもそも当日走れる状態なのか?)

初めてフルマラソンに挑戦。

運動不足からのフルマラソン挑戦!完走する為のトレーニングメニュー。

その結果如何にかかわらず同じ福島県でいわきサンシャインマラソン(2014年2月)に参戦決定。ハセツネCUPのエントリー合戦を勝ち抜けず、大会に参加できなくなったのでめぼしい大会を模索。

すると「第6回湯のまち飯坂・茂庭っ湖マラソン」というのを発見!トレイルランではないが、初のフルマラソン挑戦はモチベーションが上がる!!開催地域・開催時期、共に申し分なし。おまけに日本陸上競技連盟公認コースとあれば言う事なし。

初のハーフマラソン完走から6ヶ月後の初フルマラソン。

越後カントリートレイルランと黒姫優勝松岡宏美・TJAR出場者。

このレースまでにトレイルラン40Km以上の大会を2~3走る予定なので、11月の私なら間違いなく完走できる♪今から非常に楽しみだ(^^)vさて東北楽天ゴールデンイーグルスが日本一になった。(コナミ日本シリーズ)

野球は普段見ないし、楽天に期待もしてなかった。しかし、この勝利で地震や津波で被災した東北の人達に力を与えた事でしょう。今回の下記マラソン大会でも楽天のユニフォームで走るランナーが数名いた。

ハーフもやっとなのにフルマラソン走れるか?

CW-Xジェネレーターとエキスパート比較!ワコールロングタイツ。

マラソンランナーになってから1年6ヶ月。1年前の今日(11月3日)は10kmのマラソン大会でさえ大苦戦していた。 それから1年を経過していよいよフルマラソンに挑戦!第6回福島県湯の街飯坂茂庭っ湖マラソン。

福島駅にから飯坂温泉に到着すると「茂庭っ湖マラソン」と旗が掲げられているので、それにそって進むとシャトルバスのあるパレス飯坂に到着。 朝早く起きたので、眠い。 だが、無事にバスに乗れたので、一安心♪

スポンサーリンク

紅葉が見事な湯の街飯坂茂庭っ湖マラソン。

会場までの風景は山が多くて紅葉を見るのに最適な状態だ。 会場に着いたらラーメン屋と焼きそば屋の屋台があった。フルマラソンは消費エネルギーが多いからな。 これまで参加した大会にはなかったが、レース前のストレッチ(体操)を大々的に行っていた。

10kmが先にスタートするので、それを見送る。その後フルマラソンがスタート!スタート直後、もう既に足が痛い。(腸脛靭帯炎) と言うか日常生活でさえ痛い。今年4月に痛めたのだが、完全休養を取らなかったので、未だに痛い。 こんな状態で大丈夫なのか!?

3km程走った時、距離表示が全く無い事に気付く。

GEL-DS TRAINER23評価!アシックス最新作でサブ4目指して走る。

参加人数900人程とあって本当のスタート地点に行くまで1分。これまで参加したレースでは号砲が鳴ってから実際のスタート地点に行くのも数分かかってた。さて、フルマラソンの部がスタートしたものの足が痛くてどうにもならん(T_T)

できるだけ痛くない方の足を動力にして進む。そして苦慮表示がない事に気づく。まぁ~トレイルランナーとしては距離表示はあってもなくてもどうでも良い事だが、あった方がいいに決まってる。

ランニングウォッチの代わりはスマホアプリ。

ソネット0SIM・RM02のスマホとM400HR・MZ500の時計を評価した少女。

ハーフマラソン程度ならスマホのアプリで距離と時間を測れるが、フルマラソンでは途中で電池が無くなるのでそうも行かない。5km地点で折り返し。天気が良くて少し暑いくらいだな。風は無風で走りやすい。

10kmスタート地点に戻って来た。ここから急な坂道が始まる。レースに参加する前からここは「全部歩く」と決めていた。お蔭で疲労回復と足の温存ができた。関門が無いので精神的にはかなり楽だが・・。

坂道が終わった所でラン再開。足の痛さだけが気になる。

大阪マラソン2016サブ5目指して大阪城公園前から御堂筋を走る女性。

25km地点から歩ったり走ったりを繰り返してきた。この辺りの折り返し地点で通常のコースとゴールに向かう道があるのだが、既に40kmを走りゴールに向かうランナーもチラホラ。

通常なら何度も折り返すと景色が同じなので意欲減退するが、この日は天気も良く、山の紅葉も素晴らしいので退屈しない(^^12~15kmの間に巨大トンネルが2つある。 マラソン大会でトンネル内を走るのは初めてだ。

秋の紅葉を見ながら走る。

FTR100参加体験記!ヘリコプターの音が山に鳴り響くのは何故だろう。

この15km地点を走る頃にはランナーズニーの痛みはほとんど無くなっていた。 だがそれに変わって純粋な筋肉疲労が出てきている。19km地点で折り返し。 もう間もなく足の疲労で「走る事ができなくなる」と自分でわかる。

途中、何度もエイドステーションを通過したが、水・スポーツドリンク・どら焼き・バナナ・ミカン等があった。スポンジが無いのは季節的に不要だからだろう。

スポンサーリンク

初フルマラソンで疲労困憊!足が痛くて走れなくなっても諦めない。

25Kmからの悪戦苦闘。そして25kmで走れなくなった。 予定では「半分走って半分歩く」だったので、上出来である☆ 歩くと言っても普通に歩ったのでは制限時間内にゴールできない。 あくまで早歩きで進む。

ここからしばらくは歩って少しでも疲労回復したら走るの繰り返しである。時間的にも余裕があるので、完走証を持って帰れそうだ。27km位だろうか(距離表示がないので大体である)全く走れなくなった^^;

初フルマラソンの足の筋肉疲労。

ハセツネ30Kに挑戦したものの、練習不足と水不足で疲労困憊。

それでもここから全部早歩きで制限時間内にゴールできそうだ。もはやマラソン大会ではなく、山の紅葉や茂庭っ湖の風景を楽しんでいる。35km通過。この茂庭っ湖マラソンでは何度か橋を渡る。

橋と橋の繋ぎ目が自動車用に作られてるので、気を付けないと人の足がスッポリはまる。私自身もはまりそうなったし、実際転倒した人もいた。このレースは視覚障害の人達も数名参加していた。

茂庭っ湖マラソンもうすぐゴール。

ゲルDSトレーナーでサブ4確定?アシックスのマラソンシューズ比較。

いくら付き添いがいるとはいえ、目が見えない状態でフルマラソンを走るなんて凄い!なんだか輝いて見えるぞ☆障害が無くても挑戦しない人は挑戦しない。35~40kmの間はランナーになってからこれまでの事を考えていた。

なにせ初めて10kmを走った時は1時間40分かかった。当時、参戦したい大会(スイーツマラソン)は制限時間1時間15分だったので必死に練習したものだ。そして1年前は10km走るのもやっとだった。

ハーフマラソンからフルマラソンへ。

アシックスランニングシューズの選び方!入門からサブ4までのお勧め。

それなのにその後ハーフマラソンを3度完走して今初めてフルマラソンに参加している。フルマラソンを完走すると完走した者にしか見えない景色があると言う。それはどんなものか。私の場合はフルマラソンを完走する事が目標ではない。

あくまでUTMF(トレイルラン160km)を完走する事である。10km走った時はこの4倍がフルマラソンなんだなと思った。その40kmを4倍してウルトラトレイル・マウントフジの距離になるんだな。

初フルマラソンのゴールが見えて来た。

山を走る爽快感!ハセツネCUPに初めて挑んだトレイルランナーの物語。

まだレースは終わっていない。完走証を手にするまで気を抜かずに進む。約40kmの地点で最後のエイドとなる。これまで10回ほどエイド通過してるんだな。 ミカンを食べると僅かながらスッキリする。

最初に折り返した時は観客もランナーも沢山いたが、もはや閑散としている。観客が居る内に完走する事が次の目標でもあるな。ゴールまであと2~3km。 もうどれだけ抜かれても構わん。順位などどうでも良い。 ただ完走証を持って帰る事を目指して進む。

フルマラソンの完走証が欲しい。

今年(2013年)はマラソン大会6戦3勝3敗だった。つまり、半分しか完走してない。 内容は仙台国際ハーフマラソン完走◯ 東根さくらんぼマラソン タイムオーバー

蔵王トレイルラン タイムオーバー・外秩父トレイルラン タイムオーバー・山形まるごとマラソン完走◯ 松島ハーフマラソン完走◯なので7戦4勝と勝ち越して今年を締めくくるのだ。(まるで日本シリーズ楽天の成績)

しかもフルマラソンを完走して来年(2014年)を迎えられるのは今後のレース選びに大きく影響する。 既に同じ福島県のいわきサンシャインマラソンにもエントリー済みである。

スポンサーリンク

茂庭っ湖マラソンのゴールが見えてきた。

伊豆トレイルジャーニーと神流マウンテンランを完走してUTMFに挑戦。

スタートから何時間かかったのか、どれ位の時間でゴールできそうなのか全くわからん。 だが制限時間の6時間内にはゴールできるだろう。 ゴール前の50m程度だけ走って終了。とりあえずフルマラソンを完走した。

これからはもっと大きな大会にも参戦できる。 完走した後も達成感や充実感・感動と言ったものは全くなかった。 ただ、やるべき事をやったという感じ。目標はウルトラトレイル・マウントフジ(UTMF)だからな。

初フルマラソンは5時間40分で完走。

ロードランナーにもお薦めノースフェイス製マンタレイベストを評価。

ゴール後は参加賞である大きなバスタオルをもらい、更に飛び賞(ハズレ)のせんべいを入手。 売店で茂庭っ湖マラソンのカラフルなTシャツが二千円で売られていた。参加賞はバスタオルではなく、Tシャツ(わりと良いデザイン)をくれれば良いのだが・・。

その後、豚汁にきのこが入ったきのこ汁を完食。帰り道、疲労と筋肉痛で駅の階段を一歩進むたびに激痛が走る。 (手すりにつかまらないと階段を登り降りできない) そうでなくても歩くのがやっとだ。

今回はフルマラソンを完走しただけではなく、次戦以降のレースへのとても良いトレーニングになった。 次のフルマラソンも楽しみにしているぜ!「初フルマラソンを走った後のダメージ身体疲労・筋肉痛を回復させる」に続く。

フルマラソン大会関連記事。

コメント

タイトルとURLをコピーしました