東根さくらんぼマラソン大会に挑戦!緊急事態の意外な結末に唖然。

東根さくらんぼマラソン大会2013に挑戦したが、意外な結末に唖然。 ハーフマラソン
スポンサーリンク

今まで一度も輪行した事なかったが、最近読んだ「輪行サイクリングのすすめ」と「自転車メンテナンスブック」を読むと、とりあえず輪行袋に入れれば良いようだ♪以前、輪行袋だけは準備していたので、実際袋に入れてみる。

前輪ブレーキを緩め、クイックレリーズで外す。 だが、中々袋に入らない(・・)なので、自転車を逆さまにしたり試行錯誤をしているとなんとか袋に収まった(^^♪ (20分位かかった)外したのは前輪のみ!

スポンサーリンク

山形県さくらんぼサイクリングロード。

なぜならそれ以外を外すと元に戻せないから(笑) 初めての輪行&見知らぬ土地を走るのは不安もあるが、それ以上に楽しみだ(^^)v今回、なぜ輪行したかと言うと「さくらんぼマラソン」に参加するついでに山形県を観光する為である。

予定では10時の電車で向かうはずだった。だが、駅で輪行袋に入れるのに戸惑い電車に乗ったのは11時。輪行袋に入れる作業や自転車(ロードバイク)を担ぐ姿は注目を浴びると思っていたが、全然そんな事は無かった。

山寺駅でロードバイク組み立て。

改札口を通れないので、駅員のいる窓口を通過。 駅員は何も言わず普通に通してくれた。すぐに自転車を復元し、さくらんぼサイクルロードに向かう。 天気は曇り空だったが、とても良い景色だった♪

途中まではまさに「サイクルロード」だったが、村山橋あたりで別れ道に遭遇。 案内板は詳しく書いてない為、道に迷う。それでも地図を確認してそれらしき道を進む。 「それらしき道」を進んでいると横を車が通過。

ここで走行中の道路はサイクリングロードではない事を知る(笑)やがて何度も道に迷いながら最上川に到着。 川の流れを見ながら当初の目的である「チェリーランド」に向かう。さくらんぼサイクルロードを通ってチェリーランドに到着。

寒河江市チェリーランドだけでも楽しめる。

まず最初に見たのは「トルコ館」と言う所。 中にはトルコの陶器やちょっとしたお土産が販売されていた。?続いてチェリーランドを拝見(・∀・) 週末だけあって来客者が多い。ソフトクリームが良く売れるようだ。

ソフトクリームは山寺でラ・フランス味を食べた事があるのでスルー。やたら土産物が売られていて、土産ランキング表示されている。カモメの卵(山形版)とさくらんぼゼリー・山形独自のお菓子、漬物と美味しいものが並んでいる。

お土産満載の寒河江チェリーランド。

ロードバイクの疑問解決!栗村修の輪生相談とメンテナンス用品評価。

その他、将棋の駒やオリジナルのコケシ等があり、食べ物以外にも種類は豊富だ。夕方になってきたので、次の目的地に向かうことにする。チェリーランドを観光して印象深いのがコカコーラの自動販売機である。

というのもこの販売機は全種類が瓶入りのコーラなのだが、自販機に栓抜きが備わっていて購入後に自身で栓を抜く仕組みだ。昔あったと言う話を聞いていたが、この場でお目にかかるとは・・。

テレビで放送された東根小学校の巨大けやき。

さて次の目的地はTVで一度拝見した東根小学校の「大けやき」である。TV取材が来るだけあってこの日も訪れる人々が数名。少し鑑賞した後、夕方になってきたので撤退を開始する。

それにしても山形県は道路が広くて質も良い。ロードバイクで移動するのに大助かりだ。 翌日は東根さくらんぼマラソンなので、宿泊先でゆっくりするのであった。

ロードバイクと共に宿泊してさくらんぼマラソンへ。

BS1のランスマで7月6と13日に東根さくらんぼマラソンが放送される。確かに取材班が来ていた。だが誰が出走していたのかは不明。折り返して来るのをすれ違ったが見ている余裕はない。

さてそのさくらんぼマラソンだが、まず会場に入っていかにも自衛隊基地といった車や戦車が置いてある。そして驚いたのはお手洗いに並ぶ長蛇の列である(T_T)おかげで時間ぎりぎりでスタート地点に向かう事に。

スポンサーリンク

東根さくらんぼマラソンを完走できるか?

大阪マラソンへの応募と東京マラソン2016への走行距離を検証した女性ランナー達。

そしてスタート!とにかくこの日は天気が良く、暑かった(-_-;)地元の小学生が多数応援してくれる。5Km地点を通過する頃には仙台国際ハーフマラソンの時より調子が悪い事を知る。

それと仙台国際の時よりオールスポーツの撮影スタッフが多い気がする。この日はとにかく制限時間の2時間30分内に完走する事だけを考えた。それが後ほどまずい事になる。全く知らないコースを走るのは楽しい♪

山形県ならではの自然の景色を楽しむ。

女性や初心者がトレイルランニングザック選びで読むべきブログ記事。

次はどんな景色が出るのか楽しみ♪救護車だろうか初めて見た。そうして8Km地点を通過。この8Km前後の給水所が非常に問題だ。まず、なかなか飲料が出てこない。ランナーがその場で待つ始末。次にスポーツドリンクとスポンジが品切れしている(・・)皆が同じ出走料を払ってレースに出るのにこの仕打ちとは..。

東根さくらんぼマラソンの会場

前の方を走るランナーは問題無いだろうが、これでは後方を走るランナーはきつい。だが、本来はどんな状況であれ戦わなければならない(^^)v前回の東根さくらんぼマラソン記事でも書いたがこの日は本当に暑かった。汗が目に入り、拭いてもまた同じ。

ランナー達が立ち止まっているのは何故だ?

大阪マラソン対策で山形まるごとハーフマラソンを走ってきた。

やがて前方に沢山のランナーが集結しているのを発見。あれはなんだ!?と思いながら走って行くと2分遅れで関門を突破できない事を知る(T_T)仙台国際ハーフマラソン(完走)と同等のペースで走ってたのでこの出来事には痛烈なダメージを受ける。

ショックが大きすぎて信じられない。私は後半勝負型なので、この時も余力を残していた(後半のごぼう抜きが楽しみ)力を残した状態で敗れ去るとは・・。制限時間の2時間30分に走る事だけを考えていたのが仇となった。

東根さくらんぼマラソンは関門閉鎖のショックは大きい。

ワードプレスのブログが403Forbiddenでログインできなくて悲しむ少女。

つまり前半は抑えて走るので遅いのだが、後半に盛り返すというシナリオ。TOTALで2時間30分関門の事を全く考えてないので、後半盛り返す前に終了(T_T)さくらんぼマラソンでの敗因は当然、ランナーズニーで全く練習してないからなのだが、暑さに慣れてなかったと言うのも大きい。

それと仙台国際ハーフマラソンを無事に完走出来た事から関門の閉鎖時間等を考えていなかった(^_^;)それにしても周辺を走るランナー達からは時間に焦る様子は無かったのだが・・。参加賞はおにぎり・さくらんぼ・Tシャツでどれも良かった。

東根さくらんぼマラソンは関門閉鎖で終了。

だが、マラソン大会5戦目の今回は完走証を得る事ができず、計4枚のまま。とりあえずロードバイクに乗って周辺の公園で一休み。感想できなかったのはショックだが、今後の糧としよう。

次戦は第1回蔵王トレイルランなので、絶対に完走する。その為にも早く膝が治ってくれればいいのだが・・。膝に影響のないトレーニングを進めるしかないな。足と引き換えでも完走する(・ω<)「第1回山形まるごとマラソンは序盤は抑えて後半勝負!結果は?」に続く。

ハーフマラソン
スポンサーリンク
関連記事
音楽聴きながらトレーニングするならアマゾンミュージック。

記事を読んだらいいねしよう!
最新情報をお届けします。
この記事を友達とシェアしよう!
美山走希をフォローしよう!
メールマガジン無料登録

ブログ更新をメールでお知らせします。

トレイルランナー
美山走希

UTMFを目指すトレイルランナー。まずはFTR100K・武尊山140Km・阿蘇ラウンドトレイルの完走が目標。

美山走希をフォローしよう!
トレイルランの相談はLINEで!
トレイルラン・フルマラソン・ロードバイク等の趣味ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました