富士登山競走参加の為、初めて世界文化遺産富士山に向かう。
Sponsored Link

富士登山競走参加の為、初めて世界文化遺産富士山に向かう。

富士山と山中湖 ハーフマラソン
Sponsored Link

富士登山競走のパンフレット一式が届いた。参加賞のウエストポーチ(アクティブポーチ)とクーポン券も付属。随所に富士登山競走新デザインのマークが印刷されている。さすが参加費1万円の大会はパンフレット等豪華だな。(五合目コース)

Sponsored Link

富士山が見たくて富士登山競走に挑戦。

UTMF・STYの参加案内を準備して大会当日、富士山子どもの国で受付。

この記事を書いたのは富士登山競走以前の7月21日である。 (このブログは書いた日と公開日が異なる場合が多い) 富士山なんて興味なかったが、昨年の世界遺産登録を機に是非とも登りたくなった。

登ると言っても普通に登山では私らしくない。 そうしたら以前読んだ本「トレイルランナー鏑木毅」や「アルプスを越えろ! 激走100マイル 世界一過酷なトレイルラン」で出てくる「富士登山競走」の存在を思い出した。

日本一下らないマラソン大会。

走って登るならトレーニングにもなるし面白そうだ(・∀・) とエントリーしたのが板橋シティマラソン終了直後の3月24日。 あれから4ヶ月。早いものだ。春と夏の季節は過ぎるのが早く感じるが、秋と冬はかなり長く感じる(T_T)

近所に激坂も無ければ長い階段もない。ついでに山も無い。 トレーニング環境に恵まれないが、それなりに修行してきた。その富士登山競走について散々調べた!(^O^)まずエイドステーションではバナナでエネルギー補給できる事。

富士登山競走五合目対策。

去年は五合目コース完走後、おにぎり3個支給された事。 同じく五合目にあるあまの屋の富士山メロンパンが260円である事。富士山みはらしに富士山乙女桜ラスク(クッキー)がある事。 富士急雲上閣にメガネショップJINS(ジンズ)がある事。

来年以降、山頂コースに挑む気はないのでゴール時間はどうでも良い。 しかし、帰りのバス(富士山五合目?藤北麓公園?富士山駅?新宿)があるのでどうしても2時間25分前後にゴールしなければならない(*^_^*)

これで五合目コース完走間違いなし\(^o^)/

この戦いは山頂コースに挑むためではなく、帰りのバスに乗る為の戦いなのだ(笑) (本当は観光したいが富士山にはまた来るような気がする)まぁ何とかなるだろう(・ω<) 今年(2014年)に富士山をじかに走って来年(2015年)STYで富士山周辺を走る。

STYを走って富士山を見た時に去年は富士山を(五合目まで)登ったんだな~と思える。 さて無事に帰れたのだろうか!?「第67回富士登山競走に挑戦!藤北麓公園でスペシャルクーポン入手」に続く。

フルマラソン大会関連記事。

ハーフマラソン
Sponsored Link
この記事を友達とシェアしよう!
星野希望をフォローしよう!
Sponsored Link
トレイルラン・フルマラソン・ロードバイク等の趣味ブログ

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
タイトルとURLをコピーしました