夏風邪と体調不良で出走断念のトレニックワールド飯能・越生50Km
スポンサーリンク

夏風邪と体調不良で出走断念のトレニックワールド飯能・越生50Km

夏風邪と体調不良で出走断念のトレニックワールド飯能・越生50Km トレイルランニング
スポンサーリンク

仙台泉ヶ岳トレイルランの参加募集が開始から3日で終了した(30Kmの部) 相変わらず締切が早いな。先着200人と少ないし人気もあるのだろう。距離は短いものの料金が5500円と控えめだしな、仙台国際ハーフマラソンなんて6000円だからな。

私は原則として1度出場した大会には2度と参加しないのだが今回はハセツネカップ前哨戦として参加する事にした(去年に続いて2度目)17Kmと9Kmは受付中だが、ランネットから申し込むとパタゴニア製大会記念Tシャツを3000円で購入できる。

スポンサーリンク

参加賞Tシャツは裏面(背中)に印刷してくれ。

白馬国際トレイルランの参加賞Tシャツ

Tシャツは表ではなく裏側にプリントされているのがお気にい入りなので今回はスルー。てか郵便振替で支払った後に知ったんだがな。去年のオリジナルTシャツもあるからやっぱり不要。白馬国際トレイルランみたいに前後にプリントしてくれ。

さて今日はトレニックワールドIN飯能・越生50Kmの開催日。 前回出場した七時雨トレイルランニングレースの時に考えていた。 本来、出場大会に向けてトレーニングを積んで大会当日に体調面を絶好調に合わせるものだが、それが全然できていない。

毎月の大会遠征で疲れた。

日本山岳耐久レース脱水状態で意識朦朧。 暑いから動くと汗が出る。汗が出ると水分が欲しくなる。水分は所持してないから運動を抑える。歩くだけだから進むのにかなりの時間を要する。とんでもない悪循環だ。初参加の時より2時間以上遅れて移動してる。まさか、第2関門の制限時間も危うくなるとは思わなかった。 例え、月夜見でポカリスエットを飲んでも完走は難しい。なので、月夜見直前(40Km付近)の所でリタイアした。トレイルランナーになってから30以上の大会に出場してきたが、自らの意志でリタイアするのは初めてだ。 日本山岳耐久レースを途中リタイアするとこうなる。 ボランティア・スタッフにリタイアを告げると既にリタイアした選手が寝ていた。この時深夜3時。第1関門から水を飲んでないので、1リットル貰って飲み干した。私も眠りたい所だが、回収車が来る地点まで移動するようだ。エスケープルートを15分ほど下ったらテントがあった。 テントで計測タグを回収され、名前を確認。その後、味噌汁とココアを飲める。充分な位、水は飲んだが、暖かい飲み物だと前進に染み渡る感じがする。眠いので、リタイア者用テントに移動。かなりの広さで、15人は寝れそうだ。20分ほど横になったら回収車が来た。 日本山岳耐久レースで15時間完走者を見送る。 回収車に乗せられてゴール地点に到着。続々とランナーがゴールしてる。朝4時なので、15時間前後のゴールである。車を使っても走って来たトレイルランナーより遅いんだもんな。6月に参加したスパトレイルを思い出す。 ハセツネCUPのゴールした選手達を横目に豚汁を食べる。前回入手できた完走証とフィニッシャーTシャツは得られず。今年は派手なピンク色だから欲しかった。今年はスパトレイル・蔵王トレイルラン・ハセツネCUPと全てゴールできなかった。 だが、11月にファントレイルズ100K(FTR100)がある。これを完走して2018年のSTYに挑戦するのだ。その前に体力回復が重要。武蔵五日市駅でサンドイッチとオレンジジュースを購入して新宿駅へ。新しくできたバスターミナル「バスタ」を利用して帰路に着くのであった。

奥久慈トレイルレース30Kの時はまだ良かったが、七時雨トレイルランニングレースの時は大会と大会の間が2週間しかない為トレーニングも調子を上げる事もできずただ大会に出場しただけで終わってしまった。

まだ無事完走できたから良いもののこれでは本当の意味でトレイルランの大会を楽しんでいない。 七時雨トレイルランの時に痛めた脇腹が今も痛いんだよな~日常生活でも痛むなんて初めてだ。

人生初のドゥノットスタート(DNS)

UTMF44Kmに距離短縮女子2位鴨井夕子STYは雨で中止。

不調の状態で出場して状態が悪化するよりも出場を回避して次回以降のレースに備えた方が良い。折角「トレニックワールドIN飯能・越生50Km」にエントリーして高速バス(往路)も予約したのだが、今回はDO NOT STARTとする。

※会場となる飯能市は最高気温33度だそうだ。DNSにして良かった。 帰路の新幹線を駅ネット得だ値で予約したのだが席を取れなかった。今回は参加しない方が良いと言う事だろう。だが、今回のDNSした事で良い面もあるのだ。

大会に遠征しない分、トレーニングに励む。

コナミスポーツクラブ退会前に考えよう!月会費と法人都度会員利用。

それは7月から9月まで思う存分トレーニングができるから。時間に僅かながら余裕ができたので、新しい身体を作るべくダンベルとバーベルスクワットのウエイトトレーニングの他に坂道・階段トレーニングを導入して修行中。

とは言え丁度良い坂道と階段がないんだよな(^_^;) 道路は人間が人間の歩きやすいように作った物だから平坦が基本。この時期であれば標高1500m~2000mクラスの山でも雪はないだろうから山でのトレーニングも検討中。

去年5月に安達太良山に行った時は雪がありすぎて何もできなかった(・_・;)次戦は9月上旬開催の安達太良山トレイルランを考えたが、下旬開催の仙台泉ヶ岳トレイルランの方が次のハセツネカップに向けて調整しやすい。

(冒頭に書いたように参戦決定) 精神面も肉体面も疲れたら3DSドラゴンクエスト7で小休止(笑)「熱中症と夏風邪対策にグルタミンを摂取して休養!健康増進を図る」に続く。

トレイルランニング大会関連記事。

コメント

タイトルとURLをコピーしました