トレイルランニング

100Km以上の大会

STY完走率58%の理由を徹底調査分析!フィニッシャーベストの為に。

麓エイドに間に合わなかったSTY選手もそれなりにいた。ギリギリで通過した私は本栖湖を目指した。 途中の端足峠で時間切れとなり、本栖湖の関門には間に合わなかった。2018年のSTYは60Km地点で終了した。 難所の熊森山を乗り越え...
100Km以上の大会

STY麓エイドで関門閉鎖?最大の難所、熊森山から本栖湖への道のり。

麓エイドを関門閉鎖時間の23時に出発した私。次の本栖湖エイドまでの10Kmを2時間20分で通過する必要がある。これがロード区間なら楽だが、壁のような端足峠を登らなければならない。既に50Km走った状態で、登り続けるのはかなり厳しい。 ...
100Km以上の大会

STY92Km体験感想記!天子山でUTMF選手が続々出現するも天狗岳へ。

STYで最難関の場所は天子山と思っていたが、それは序章に過ぎなかった。天子山は標高1330mだが、熊森山は標高1575mの急登。天子山は最初緩やかな登りで、頂上付近で急激な上りになる。だが、熊森山は最初からかなりの斜面を登る事となる。 最...
スポンサーリンク
100Km以上の大会

STYこどもの国から河口湖までの山中を走れ!92Km制限時間との戦い。

前回記事「STY静岡から山梨まで92Km走った!大会前日の過ごし方と攻略体験記」の続き。2018年4月27日UTMF・STY開催当日。静岡県こどもの国で受付を済ませて装備チェック。 確認されたのはレインウェア上下・サバイバルブ...
100Km以上の大会

STY静岡から山梨まで92Km走った!大会前日の過ごし方と攻略体験記。

富士山を半周(STY)する為に電車とバスに乗って10時間。静岡県こどもの国に到着。当然ながら自然一杯の光景だ。ハセツネCUPのように大勢のランナーが敷地を埋め尽くすと思いきや、そんな事はなかった。それだけ広大な敷地って事だな。 ...
100Km以上の大会

UTMF・STYの参加案内を準備して大会当日、富士山子どもの国で受付。

ウルトラトレイル・マウントフジ(UTMF・STY)の参加案内が来ない。大会まであと2週間なのに…と思っていた。そうしたらメールで参加案内や富士山こどもの国への入場券が届いた。大会直前に連絡来るんだな。コースマップだけでも10枚以上のダウンロ...
トレイルランニング

越後カントリートレイルとスカイライントレイル菅平どっちに出走?

最初は「越後カントリートレイル」にエントリーして、北丹沢12時間耐久レースに出場しようと思っていた。だが、6月に開催される大会を調べてみると「スカイライントレイル菅平」ってのを発見。 これまで、菅平スカイライントレイルランレー...
100Km以上の大会

UTMF完走に必要な全装備品紹介!雨具ライト電池タイツ防寒着の準備。

いよいよUTMF・STYに挑む1ヶ月前となった。ボランティアやサポート担当もそれぞれ準備している事だろう。 2018年はSTYに挑戦するので、実際に必携品を揃えてみた。トレイルラン用品があまり売ってない地域もあるだろうから早めにやで購...
100Km以上の大会

STYに初挑戦!天子山地を攻略する為の必携品とタイムチャート作成。

STYを完走したいと思ってから4年が経過した。落選すること3回の2017年は開催されずの4年間。だが、2018年4月、STYを完走する時が来た! 92Kmを20時間で走るのはかなりきつい。なんたって72Kmの日本山岳耐久レース(ハセツ...
トレイルランニング

宮城県でトレイルラン!お勧めのトレーニング場所で速度と技術向上。

トレイルランのトレーニングと言っても何処に行けば良いのかわからない。下手すれば道に迷い遭難する。ヘリコプターが出動すれば莫大な費用が発生する。 また、コース途上の崖から落ちればただではすまない。ではどの山ならトレーニングに最適...
トレイルランニング

FTR100参加体験記!山にヘリコプターの音が鳴り響くのは何故だろう?

小持山と大持山を通過したので、今後は(標高が低くなるので)楽だ。下りを走るのは得意中の得意。みるみる距離が進んで、鳥首峠と有馬山も通過。 道中はずっと楽しい楽しい!と思いながら進んでいた。足の痛みも全くない。雨も降らないので、完走間違...
100Km以上の大会

FTR100秩父・奥武蔵は紅葉も楽しめる!UTMF5ポイント獲得のはずが…。

2016年5月にFTR100をエントリーしていて、あっという間に大会前日。秩父特設会場で心配だった装備チェックを済ませる。20種類もの必携品があるからどんな感じで確認するのかと思っていた。そしたら意外と簡単。 確認したのは健康...
100Km以上の大会

FTR100早期エントリーと宿泊先確保が重要!タクシー営業時間も注意。

2017年11月17日(金)この日は大会前日と合って受付の為、大勢の選手達が秩父に集まった。必要な装備品(健康保険やレインウェア等)を受付で確認するのだ。 52Kmと105Kmの部の2種類が開催される。この大会前日は晴れたが、翌日は降...
100Km以上の大会

秩父市の小持山で滑落死亡事故発生!大会参加者の目撃情報と証言。

埼玉県秩父市の小持山で滑落死亡事故が発生した。スポーツのトレイルランニング開催中の出来事である。トレイルランニングとは自然を感じながら山を走る競技。 自然と関わりのない若者達はもちろん、老若男女問わず山と交流ができる素晴らしいスポーツ...
100Km以上の大会

UTMF・STYの抽選結果発表!装備チェックして新コースを走ろう。

UTMF・STYのエントリーが締め切られ、あとは抽選結果を待つばかり。ウルトラトレイル・マウントフジ2018の抽選結果は11月21日にメール送信される。応募者はUTMF2413人(定員1400人)STY1941人(定員1000人)だ。 ...
トレイルランニング

上宮逸子選手(TDS女子11位)と作並温泉トレイルランに参加した話。

宮城県の作並温泉で開催の「作並温泉トレイルラン」に参加してきた。この作並温泉トレイルランは上宮逸子選手が開催してるイベントだ。上宮逸子選手は国内屈指のトレイルランナーで、フランス開催のTDSで女子11位に輝いている。 TDSと...
100Km以上の大会

必携装備品を準備してFTR100に初挑戦!ファントレイルズ完走へ。

2016年にFT50を完走して2017年はFTR100に挑戦。長距離のトレイルランは安達太良山と日本山岳耐久レース(ハセツネCUP)を含めて3大会完走している。だが、ハセツネCUPは走った距離12Kmで、歩いた距離が60Kmだった。 ...
51Km以上の大会

ハセツネCUPは暑さで水不足に!リタイアしたら高待遇が待ってる?

日本山岳耐久レース(通称ハセツネCUP)前回記事の続き。第1関門22Km地点で水がなくなった私は第2関門の月夜見を目指す。2015年に初参加した時は第1関門から第2関門まで水無しで到着できたのだ。今年(2017)年も同様に月夜見を目指す。 ...
51Km以上の大会

ハセツネCUPは暑くて汗だく。水もエイドも無くて脱水症状になったら?

日本山岳耐久レース(通称ハセツネCUP)の日がやってきた。日本山岳耐久レースに参加するのは2015年以来、2回目である。初めて参加した2015年は22時間30分もかかってしまった。 あまりにも情けないので、今回は18時間内完走の目標を...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました