スポンサーリンク

サーモスボトルとエリートのアイスフライ比較!氷の冷たさが持続する?

4
氷の冷たさが持続するサーモスボトルとエリートのアイスフライ比較。 ロードバイク

8月の猛暑で40度近い日が続く。そんな日は冷たい水やジュースを飲みたい。なので、保冷に最適なエリートのアイスフライ・サーモボトル(0357010003)と真空断熱サーモボトル(FFQ-600)を紹介。

最速で水分補給できるサロモンのハイドレーションとソフトフラスク。
トレイルランニングの大会ならいち早く水分補給したいものだ。いちいちバックパックから取り出して給水なんてあり得ない。現在は背中に背負うハイドレーションか、胸に付けるソフトフラスクの2種類がある。 そのハイドレーションとソフトフラ...

エリートは数多くのロードバイク用ボトルを作ってきたメーカー。サーモスは一般の保冷保温のボトルを作ってきたメーカー。サーモスのボトルは仕事中に使ってたので、温度を維持する性能は高いことは知っていた。

スポンサーリンク

エリートのアイスフライ・保冷ボトル評価。

氷の冷たさが持続するサーモスボトルとエリートのアイスフライ比較。

エリートのアイスフライは5色(赤青緑灰クリア)があって選べる。他にもジロ・デ・イタリアやツールドフランス限定版が存在する。外観が違いだけで性能は同じ。そのアイスフライ・保冷ボトルを見ていこう。

氷の冷たさが持続するサーモスボトルとエリートのアイスフライ比較。

本体は柔らかい素材で落としても壊れない。ロードバイクのボトルだけに真ん中を潰すことで水分補給できる。フタを開けるのも飲むのも簡単にできる。氷をいれれば2時間持つ。値段も安くて使いやすい。(相場1700円)

ELITE(エリート) ICE FLY サーモボトル 500ml 0357010001 ブルー
ELITE(エリート)
ICE FLY は、サーマルボトルの中では圧倒的な軽さを備えながらも、約2.5時間もの非常に優れた保温/保冷機能を持つボトル。■非常に軽く、柔らかく、飲みやすい、従来のサーマルボトルの概念を覆すユーザビリティを備えます。

サーモスの真空断熱サーモボトル評価。

氷の冷たさが持続するサーモスボトルとエリートのアイスフライ比較。

サーモスはこれまでも使ってただけあって保温性能は信頼している。前日に入れた氷水が翌朝そのまま残ってたりする。今回のロードバイク用ボトルはどうだろう?買ってすぐ気付くのがその重さ。他のボトルの5個分はありそう。

氷の冷たさが持続するサーモスボトルとエリートのアイスフライ比較。

それでも一般のボトルケージに収納できて600ml入る。ワンプッシュでフタが開き、ストローで補給する。重くてストローだから走行中に飲むのは向かない。落としたらステンレスボディが傷だらけになる。

エリートアイスボトルとサーモス真空断熱ボトル比較。

氷の冷たさが持続するサーモスボトルとエリートのアイスフライ比較。

エリートのアイスフライもサーモス真空断熱ボトルも良さがある。なので、2本刺しで使うと良い。アイスボトルは2時間しか保冷できないから最初に使い、サーモス真空断熱ボトルを後から使う。そうすれば両方の利点を活かせる。

エリート・アイスフライサーモス真空断熱ボトル
重さ軽い重い
容量500ml600ml
外観ソフト素材ステンレス
使いやすさ走行中に飲める停止中に飲む
保冷時間2時間6時間
値段1700円3600円
ELITE(エリート) ICE FLY サーモボトル 500ml 0357010003 グリーン
ELITE(エリート)
ICE FLY は、サーマルボトルの中では圧倒的な軽さを備えながらも、約2.5時間もの非常に優れた保温/保冷機能を持つボトル。■非常に軽く、柔らかく、飲みやすい、従来のサーマルボトルの概念を覆すユーザビリティを備えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました