ブライトンライダー450で地図作成!ナビゲーション機能の使い方。

ブライトンライダー450で地図作成!ナビゲーション機能の使い方。 ロードバイク
この記事は約4分で読めます。
ブログ作者
スポーツライター
美山走希

UTMFを目指すトレイルランナー。その前に彩の国100Kmを完走したい。ロードバイクはブルベ200Kmが目標。

美山走希をフォローしよう!

前回の「ブライトンライダー450のナビゲーション活用!地図を取り込む方法」ではルートラボ等から地図を取り込む方法を書いた。今回は自分でコースを作成する方法を書く。コース作成にはブライトンのアプリか、ルートラボを使う。

Bryton Rider450T付属センサー紹介!ロードバイクでの動作確認。
ブライトンのライダー450についてはこれまで4記事書いた。「ブライトンライダー450評価!スピード心拍ケイデンスセンサー付き」「32時間可動ブライトンのGPSサイクルコンピューター設定(Rider450T)」 「ブライトンライ...

最初はブライトンのアプリを使った方法を紹介。アプリを使うには「Bryton Active App」が必要。これをダウンロードし、ログイン。ログインにはフェイスブックかストラバのIDパスワードが必要。登録済みのメールアドレスでも可能だ。

スポンサーリンク

Bryton Active Appへの登録。

BRYTON RIDER 450T

まだ登録してなければメールアドレスを使う。この場合はサインアップを選択。登録するメールアドレスを入力するとそのアドレスにメールが届く。このメールのURLからブライトンのページに移動すれば成功。

このURLはリンクになってないからコピーアンドペーストで対処。URLをグーグル検索窓に貼り付けて探す。その後はアプリを使えるようになる。登録後はパソコンでも使えるようになる。情報はアプリ(スマホ)とパソコンで共有されてる。

Bryton Rider 450E GPSサイクリング ブラック 2.3inch
ブライトン(bryton)
OSM※を収録。※OSM(Open Street MAP)道路地図などの地理情報を 誰でも利用・編集できるフリーの地理情報データ

ブライトンライダー450での地図表示。

bryton-rider450T

スマートフォンでもパソコンでもルート作成できる。だが、スマホの小さい画面だとチマチマして見づらい。そして操作もやりにくい。なので、タブレットとかノートパソコンとかじっくり操作できる端末を使った方が良い。

お勧めサイコン!ブライトンのライダー450を最安値で買う方法。
ついに発売されたブライトンの最新サイクルコンピューター。それがトリプルセンサー付きのライダー450T。2.3インチと画面が大きく見やすい。速度・斜度・高度と言った項目を1画面に複数表示できる。 そして極めつけがトリプルセンサー...

パソコンだと画面右上のルート作成、スマホだとコースから入る。GPSを使ってないと台湾の地図が表示される。これはブライトンが台湾のメーカーだからであって、そうゆう仕様。なので、日本に移動させて使う。

Bryton Rider 450E GPSサイクリング ブラック 2.3inch
ブライトン(bryton)
OSM※を収録。※OSM(Open Street MAP)道路地図などの地理情報を 誰でも利用・編集できるフリーの地理情報データ

ブライトンライダー450でルート作成。

bryton-rider450T

日本地図の使いたい場所に移動したらスタート地点を決める。グーグルマップを使った事があればその感覚。スタートとゴール地点を決めると自動でルートを作成してくれる。ただ、これだと通りたい場所を選択しない事もある。

ブライトンライダー450とアプリの使い方!ストラバとの自動同期。
ブライトンのライダー450を購入したので、専用アプリ(Bryton Active)を使ってみた。アプリを使わなくても計測できるし、ストラバにアップロードもできる。だが、アプリを使うと自動でストラバとやり取りしてくれるので使った。 ...

そんな時は通りたいルートごとに設定する。1区間2区間と言う感じ。ルートを作成するごとに左のメニューに住所が表示される。間違えたルートを作成したらここから×で削除する。ルートを作るたびに総距離も計算(表示)される。

Bryton Rider 450E GPSサイクリング ブラック 2.3inch
ブライトン(bryton)
OSM※を収録。※OSM(Open Street MAP)道路地図などの地理情報を 誰でも利用・編集できるフリーの地理情報データ

作成したルートをアップロードする。

ブライトンのライダー450とアプリの使い方!ストラバとも自動同期。

ルートが完成したらアップロードだ。画面右上に上矢印があるのでそれを選択。そしたら作成したルートの名前を決める。ネット上にアップロードしたらライダー450でダウンロード。方法は設定画面からデータ同期する。

パワーメーターも使えるブライトンライダー450インプレッション。
2019年5月10日に発売されたブライトンのライダー450。サイクルコンピューターを買うのは2回目だ。速度・心拍・ケイデンスセンサー付きで実質27000円は安い。購入理由はそれでけではない。 ナビゲーションが付いて32時間のス...

使う時は「ルートナビ→見る」でルートを選択。これで、ライダー450が作成したルートを案内してくれる。

ルートラボで作成した経験があればルートラボで作成した方が楽。作成後はGPXファイルをライダー450の「Extra Files」に移すだけ。

美山学長
美山学長

下の記事も読んでね!

ロードバイクに100万円使った結果!買って良かったランキング。
これまでロードバイクに出費した費用を合計すると100万円になっていた。ロードバイク4台にキッカーコア(ダイレクトドライブ)と大金を使ってきた。 その中で、購入して良かったロードバイク用品をランキングで紹介。買って良かったのはロードバイ...
ワフーキッカーコア体験!ダイレクトドライブのスマートトレーナー。
Zwift(ズイフト)をする為にダイレクトドライブ(スマートトレーナー)を買った。タックス(FLUX2SMART)とワフー(KICKR CORE)のどちらを買うか散々迷った。 結局、タックス(FLUX2SMART)は売り切れ状態が続い...
ビンディングペダルとシューズ選び完全版!SPDとSPD-SLを徹底比較。
ロードバイクを買ってしばらくするとこう思う。最初はフラットペダルだったのが、ビンディングペダルやビンディングシューズに挑戦したくなる。実際にビンディングシューズとペダルにした方が楽になる。そんなSPDとSPD-SLのを徹底比較した。
サイクルコンピューターはGPS搭載、地図ナビゲーション付きを選べ。
ロードバイクに装着するサイクルコンピューター(略してサイコン)サイクルコンピューターがあればロードバイク走行が楽しくなる。 なんと言ってもロードバイクでの走行距離・速度・心拍数・パワー・ケイデンスの5つがわかるのが嬉しい。走行後は地図...
ホイール買うならWiggleとPBKどっち?海外通販サイト比較した結果。
ロードバイクに1年、2年と乗ってると欲しくなるのがホイール。ホイールを変えると走りも変わる。同じロードバイクとは思えない変化が起きる。 初めてホイールを買うならフルクラムレーシング5か、カンパニョーロゾンダがお勧め。そんなロードバイク...
Bryton Rider 450E GPSサイクリング ブラック 2.3inch
ブライトン(bryton)
OSM※を収録。※OSM(Open Street MAP)道路地図などの地理情報を 誰でも利用・編集できるフリーの地理情報データ

ブライトン・ライダー450の記事一覧。

コメント

トレイルラン初心者向けの教科書を無料配布してます。読みたい方はLINEを登録後に「トレイルランニング大学」とメッセージしてください。直後に記事URLが送信されます。LINE登録は下のボタンからどうぞ!

友だち追加

WEBライター・スポーツライターの仕事を募集しています。資格は社会保険労務士とファイナンシャルプランナー2級があります。仕事の依頼はお問い合わせページからどうぞ!
当ブログは皆様からの寄付で運営しています。寄付はamazonギフト券で受け付けています。協力して頂ける方はお問い合わせページからamazonギフト券のコードを送信してください

プロバイクキット(PBK)クーポン1割引

激安通販【ProBikeKit】

クーポン「LF4I-R1」で10%割引
タイトルとURLをコピーしました