ロードバイク初心者が100Km走行する方法!ロードレーサー入門。
スポンサーリンク

ロードバイク初心者が100Km走行する方法!ロードレーサー入門。

ロードバイク初心者が100Km走行する方法!ロードレーサー入門。 ロードバイク
スポンサーリンク

ロードバイクを購入して、独特の乗車姿勢にも慣れた。サドルが高くても普通にペダルを回せる。そんな状態になったら次の目標は1日で100Km走行する事。これはロードバイク初心者にとって大きな目標となる。

1本おまけ?自転車用スポーツサングラス(ノーブランド)の秘密。
暑い熱い。2017年の夏は雨ばかり降って、連続雨記録を更新した。そして2018年の夏は猛暑で歴代最高温度を更新した。もちろん、雨が降るくらいなら暑い方がいいのだが。この暑さによって家電量販店のエアコンが売れまくったとか。私は扇風機で乗り切る...

100Km走行できればサイクリングイベントやレースに参加したり、ロングライドで観光にも行ける。できる事が格段に増えるのだ。これまで運動して来なかった人でもロードバイクに乗れば30Kmは移動できるようになる。

スポンサーリンク

ロードレーサー100Kmへの道のり。

日向涼子と竹谷賢二が教える坂バカ式ロードバイクの作法入門銀輪女。

100Kmだと、突発的なトラブルに遭遇する事もある。ロードバイク用品はコンビニで買えるような物でないからしっかり準備しよう。特にタイヤのチューブとパンク修理キット、携帯空気入れは必ず持参。持ってれば安心して外出できる。

ロードバイクで使いたい!大容量6Lのトピークバックローダー購入。
ロードバイクは荷物を積む所が無い。それは当然だが、ロングライド(長距離走行)時にはそれなりの収納スペースが必要。フレームにボトルを2本装着できるとはいえ、夏場では予備があれば安心。雨季ならレインウェアも積みたい。 これまでリア...

あとは水と食料だ。アスリートはのどが渇いたり、腹が減る前に補給するのが常識。朝食はかなり重要だからしっかり食べよう。これら荷物はサドルバッグに収納する。お勧めはトピークのバックローダー6Lだ。

ロードバイクのビンディングペダルは必要か?

シマノクリッカーSH-CT41GとPD-T400も購入。

はっきり言って、ロードバイク初心者がビンディングペダル・シューズにしても変わらない。これを使えば速く・楽に走行できる印象だが、そんな事はない。そもそも初心者は適切なペダリングができてないからビンディングペダルを使いこなせない。

フラットペダルからSPDに変更!使いやすいシマノクリッカーとは?
ロードバイクを買った時はフラットペダルだった。最初はロードバイクに慣れるのが最優先で速く走る事ではない。だが、ロードバイクに慣れるとSPDやSPD-SLと言ったペダルとシューズが気になってくる。 最初からSPD-SLにするのも...

それに100Km程度ならフラットペダルでも走行できる。大事なのはエンジンとなる人間そのものだ。ビンディングペダルやシューズは100Km走行できてからでも遅くない。SPD-SLとか種類があるから知識が備わってからで良い。

ロードバイク100Kmのトレーニング。

パールイズミのファーストジャージとサイクルパンツ購入!サイズ感は?

まずはロードバイクに乗る回数を増やす事。ロードバイク購入後は乗りたい気持ちで一杯だし、楽しい。この気持を持続させ、適宜ロードバイクに乗るのだ。距離や速度は意識しなくて良い。自分の愛車の特徴を掴み、走行経験を積むのだ。

クリート種類を紹介!SPD-SLビンディングシューズへの装着方法。
初めてSPD-SLのペダルにするならそれなりに準備が必要。ビンディングペダル・シューズ・クリートだ。クリートとはペダルとシューズを繋ぐ物。赤青黄色の3色ある。当然色には意味があって赤は上級者・青は中級者・黄色は初心者向け。 黄...

自分のロードバイクを乗りこなせるようになったらいよいよトレーニング。平坦50Kmを頻繁に走行しよう。これを繰り返すことで長距離を走る筋肉と知識が身につく。パンクにも遭遇するだろうから良い実戦経験となる。

ロードバイク100Kmのコース設定。

ロードバイク初心者必見!サイクリング時の服装やサドルバッグ紹介。

50Kmトレーニングを何度も行ったらいよいよ100Km挑戦だ。あらかじめ100Kmのコースを決める。できるだけ、田舎道の自動車が通らない所が良い。車道が幅広く、歩道があれば最適。道幅が狭いと自動車はギリギリ横を通ってくからな。

ロードバイクを買ったら読む記事10選!未経験初心者もこれで安心。
ロードバイクを購入した事がなければどんな流れで買えば良いのかわからない。一般自転車と違って車体だけ買えば乗れる物ではない。ヘルメットやペダルも必要だ。そうロードバイクにペダルは付いてないのだ。 自転車店によっては厚意でフラット...

歩道があれば疲れた時に休めるし、パンク修理にも使える。そして前日までに水・食料・その他の装備は準備する。距離計測にサイクルコンピューターも必要。100Km挑戦時はしっかりと朝食を食べて、装備を確認したらスタートだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました