宮城センチュリーライドで200Km走行!相馬港と松川浦大橋の絶景。

宮城センチュリーライドで200Km走行!相馬港と松川浦大橋の絶景。 ロードバイク
スポンサーリンク

宮城センチュリーライドで迷子になった!ナビゲーション必須の大会」の続き。前回はスタートから50Kmのチェックポイントまでを書いた。チェックポイント(まのめモータス)は中浜小学校や磯浜漁港の近くにある。

宮城センチュリーライドで迷子になった!ナビゲーション必須の大会。
前回記事「サイクリングで164Km走行!センチュリーライドで宮城と福島を往復」の続き。前の記事では宮城センチュリーライドはブルベに相応するイベントと書いた。ブルベは各チェックポイントを通過してゴールする。 道案内はなく、水や食...

ここを通過すると磯山展望緑地・釣師浜漁港・相馬港と進む。このあたりは参加者がバラけて前後に誰もいない事もある。道迷いに注意。やがて松浦大橋と大州松川ラインに入る。震災復興の為に作られた新しい道路だ。

スポンサーリンク

宮城センチュリーライド最大の見所。

宮城センチュリーライドで迷子になった!ナビゲーション必須の大会。

この松浦大橋と大州松川ラインが最も景色が良い。休憩や記念撮影に最適。てか、これ以外に景色を楽しめる場所がない。また、このコースは1週間前に開催された相馬復興サイクリングと同じである。

ブライトンライダー450のナビゲーション活用!地図を取り込む方法。
ナビゲーション機能があって32時間の電池持ちだから購入したブライトンのライダー450。ナビ機能があるサイクルコンピューターを買うのは初めてだ。このライダー450をサイクルイベント宮城センチュリーライドで使った。 諸事情...

まさか、2週連続で同じ場所に来るとは思わなかった。短いトンネルが1箇所あるが、ライトを忘れても通過できる光量だし、立派な歩道もある。そして海沿いは最も風が強い場所。体力消耗を抑えて通過したい。

宮城センチュリーライド相馬市の折返し。

宮城センチュリーライドで200Km走行!相馬港と松川浦大橋の絶景。

ここから磯部小学校・蒲庭温泉・万葉の里(風力発電所)と走る。巨大な風力発電所が複数見える。ここから県道266号線に曲がるが、ここは路面が良くない。古い道路で、凹凸が多い。ロードバイクにもサスペンションが欲しくなる。

Bryton Rider450T付属センサー紹介!ロードバイクでの動作確認。
ブライトンのライダー450についてはこれまで4記事書いた。「ブライトンライダー450評価!スピード心拍ケイデンスセンサー付き」「32時間可動ブライトンのGPSサイクルコンピューター設定(Rider450T)」 「ブライトンライ...

ここから県道120号線を進むが、景色は楽しめない。ただひたすら小川町体育館を目指す。これが長いのなんの進んでも進んでもたどり着かない。スタートから80Kmになると疲れも出てくるし、向かい風が強くて進めない。

宮城センチュリーライド小川町体育館到着。

宮城センチュリーライドで200Km走行!相馬港と松川浦大橋の絶景。

84kmからの山岳地帯を突破して小川町体育館へ。だが、曲がるべき所を通過して直進。道に迷うもグーグルマップでたどり着く。ここが最終チェックポイント。160グラムのジェル1個が進呈された。だいぶ疲れたがどうなる?

お勧めサイコン!ブライトンのライダー450を最安値で買う方法。
ついに発売されたブライトンの最新サイクルコンピューター。それがトリプルセンサー付きのライダー450T。2.3インチと画面が大きく見やすい。速度・斜度・高度と言った項目を1画面に複数表示できる。 そして極めつけがトリプルセンサー...

70Km付近から既に速度が低下し、20Km前後で走行してた。速い選手たちは折り返して宮城県に向かっている。あまり休憩に時間を使わず、遅くても走り続ける作戦で進む。この小川町体育館を出たのは13時だった。

スポンサーリンク

宮城センチュリーライド宮城県を目指す。

宮城センチュリーライドで200Km走行!相馬港と松川浦大橋の絶景。

小川町体育館の後は来た道を戻る。楽しむものがないからひたすらペダルを回す。幸いなのが、追い風になった事。これで、25Km付近で走行し、体力も回復できた。再び大州松川ラインと松川浦大橋を通過。ここからが問題。

ブライトンライダー450とアプリの使い方!ストラバとの自動同期。
ブライトンのライダー450を購入したので、専用アプリ(Bryton Active)を使ってみた。アプリを使わなくても計測できるし、ストラバにアップロードもできる。だが、アプリを使うと自動でストラバとやり取りしてくれるので使った。 ...

完全な単独走行で、道がわからない。なのに、直進だけすればいいってもんじゃない。ここだけで3回迷子になった。本当に誰も居なくて、途中で休憩しても参加者は現れない。自力で突破するのみ。ようやく宮城県にたどり着く。

宮城センチュリーライドと亘理大橋。

宮城センチュリーライドで200Km走行!ナビゲーション必須の大会。

ここから県道10号を進むがかなりの交通量で恐怖。ロードバイクの横を大型車が通過する時は気が気でない。ここから亘理大橋に向かうのも道がわからず苦戦。亘理大橋についてからは更なる恐怖が訪れる。

ブライトンライダー450とキャットアイのサイクルコンピューター比較。
初めて買ったサイクルコンピューターがキャットアイ(CC-MC200W)だった。ビアンキのロードバイクがチェレステカラーだったので、同じ色にした。このサイコンは頑丈で、計測もしっかりしてた。電池も5年もって、長期間活用できた。 ...

亘理大橋でも車が頻繁に横を通る。だけど、道が狭いから車がすれすれで通る。左に寄りたくても白線に凹凸があって、タイヤが触れると結構な衝撃。海の上だから恐怖心が倍増。車に引かれるか?海に落ちるか?考えたくもない。

宮城センチュリーライドと仙台空港。

宮城センチュリーライドで200Km走行!相馬港と松川浦大橋の絶景。

亘理大橋の次は名取市役所に帰る。と思ったらそうでなかった。仙台空港に向かうのだ。実際は仙台空港付近を通過するだけだが、見事に仙台空港到着。このあたりは交通量が少ないから道を間違えても修正は容易。

パワーメーターも使えるブライトンライダー450インプレッション。
2019年5月10日に発売されたブライトンのライダー450。サイクルコンピューターを買うのは2回目だ。速度・心拍・ケイデンスセンサー付きで実質27000円は安い。購入理由はそれでけではない。 ナビゲーションが付いて32時間のス...

ここからイオンモール名取付近を通過し、名取市役所に到着。ここまでを時系列にすると8時スタート・13時折返し・17時ゴール。でも本当のゴールは家に付くまで。自走で大会会場を往復して道にも迷った結果、走行距離は201Kmだった。

ロードバイク
スポンサーリンク
関連記事
記事を読んだらいいねしよう!
最新情報をお届けします。
この記事を友達とシェアしよう!
美山走希をフォローしよう!
メールマガジン無料登録

ブログ更新をメールでお知らせします。

トレイルランナー
美山走希

UTMFを目指すトレイルランナー。まずはFTR100K・武尊山140Km・阿蘇ラウンドトレイルの完走が目標。

美山走希をフォローしよう!
トレイルランの相談はLINEで!
トレイルラン・フルマラソン・ロードバイク等の趣味ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました