トレイルランニング装備はこちら
Sponsored Link
人気記事一覧

日向涼子と竹谷賢二が教える坂バカ式ロードバイクの作法入門。銀輪女

日向涼子と竹谷賢二が教える坂バカ式ロードバイクの作法入門銀輪女。 ロードバイク
Sponsored Link

今回はロードバイクの本を紹介。モデルでありながら屈指のヒルクライマーである日向涼子が書いた「坂バカ式・知識ゼロからのロードバイク入門」とNHKの番組チャリダーに出演している竹谷賢二「ロードバイクの作法」の2冊だ。本に書かれてるやってはいけない64の教えとは!?

ビアンキのビアニローネ7SORAとシマノクリッカーを評価レビュー。
ビアンキのビアニローネ7を購入してから1年が経過したので、実際に使った感想を書く事にした。初めて買ったロードバイクはジャイアントのクラリスだったので、ジャイアントのロードバイクと比較しつつレビューする。 何故ビアンキのロードバ...

まずは日向涼子のロードバイク入門だが、入門書だけ合って様々な体験談(失敗談)が書かれている。独学でロードバイクについて学んで、富士ヒルクライムでブロンズのフィニッシャーリングを獲得するまでに成長した。美女初心者がロードバイクで活躍するまでを描いた物語。

Sponsored Link

美女ヒルクライマー日向涼子。

日向涼子と竹谷賢二が教える坂バカ式ロードバイクの作法入門。銀輪女

ロードバイクの存在を知る前からモデルの仕事をしていた日向涼子。太っていたヘアメイク担当がロードバイクで痩せた事を知り、ロードバイクに乗るようになる。しかし、ロードバイクの事をよく知らなかった為、クロスバイクを購入してしまう。

アクセサリー用品を含めた10万円でクロスバイク・ルイガノを購入した日向涼子は単独で外出するようになる。初心者だけにスタンドがない自転車や、タイヤにチューブが入ってる事に衝撃を受けつつ、クロスバイクで東京・鎌倉間160Kmを走破した。

竹谷賢二ロードバイクの作法64の教え。

ロードバイクで挑戦するブルベ・ランドヌールとは?300Kmの攻略方法。

日向涼子の本が初心者からの成長物語なら竹谷賢二の本にはやってはいけない事が書かれている。その前に印象的なのが冒頭に書かれている「あなたは自分のオーナー」だ。自分が選手でありながらチームの経営者でもあると言う視点だ。要するに雇うのも雇われるのも自分自身なのだ。

通常、プロの選手は戦力外通告を受ける事もあるが、自分自身がオーナーなので、契約期間を自由に決められる。選手にトレーニングや大会参加資金を投じるのだ。そのトレーニングで体力と技術を磨いて大会で良い結果を出す。その結果を出す為の教えが64個書かれている。

ペダルを回したり、引き足を使うな。

東北地方のロードバイクイベントやヒルクライムレースの大会一覧。

意外なのが、ペダルを回さない事。ペダリング効率はプロライダーで80%、アマチュアで40%程度と言われる。このペダリング効率が上昇すればそれだけ速く遠くに行ける。ならばどうすれば良いのか?それはペダルではなく、足を回すのだ。なるほど、その考えはなかったな。

ロードバイクで着たいパールイズミ秋冬用ウィンドブレークジャケット。
前回記事「ビアンキのビアニローネ7SORAとシマノクリッカーを評価レビュー」の続き。今回はパールイズミのウィンドブレークジャケットについて記載する。パールイズミのサイクルウェアやウィンドブレークジャケットはとても高価なので、手が出なかった。...

その他にも「ペダルの回し方だけに正解を求めるな」とか「下死点でペダルを踏み込むな」と言った助言が書かれている。言われてみると衝撃的な内容だ。また、「引き足を使うな」に関しては体重を乗せて踏み込めば加速できるが、その後に足を上げるのが難しくなる。

日向涼子の「坂バカ式知識ゼロからのロードバイク入門」は初心者からの成長物語で、失敗から学んだ事が多数書かれている。日向涼子自身が、レーパン好きってのも面白い。竹谷賢二の「ロードバイクの作法64の教え」は言われて驚く内容ばかり。どちらもお勧めの本だ。

コメント